FC2ブログ

春風よ、吹け

ブログ開設10周年です!!

こんばんは。けんむろです。

突然ですが、皆さんは10年前は何をされていましたか?

人生で1番楽しい時期だったか、はたまた辛く厳しい時期だったか。
10年もあれば人生はいろいろ変わりますよね。
良い方向に変わった方がいらっしゃれば、悪い方向へと変わった方もいらっしゃるかもしれません。
今が1番幸せという方がいらっしゃれば、今は1番辛い時期だという方もいらっしゃるかもしれません。
もしかすると、何も変わることなく平和に過ごせていることが1番なのかもしれません。

そしてこのブログも何も変わらず、10年間細々と続けてまいりました。
いや、10年前に比べると更新頻度は減少していますし、あの頃のような生き生きとした文章が書けなくなっているのかなと思います。
今、昔の自分の文章を読んでみると若いなぁと感じることもあります笑

それでも、この人生が変わるような長い「10年」という時間を使って、様々な出会いがありましたし、いろんな喜怒哀楽の感情をこのブログを通して感じました。
たくさんの思い出がこのブログにはありますが、10年という長い年月がこの思い出をより深い物にしてくれているとおもいます。

10年って長いんだなぁと身に染みます。
このブログを始めるきっかけになったハヤテのごとく!がアニメ二期、三期、そして四期と放送されて、そうそう途中映画化もされましたよね。
原作、アニメ、グッズなど、千桜が出ると、端から見ると子供のように喜んで、でも本当に嬉しくて…
ああいう純粋な喜びというのは、きっと振り返ってみると大切な宝物になったりすると思います。

ついにハヤテのごとく!の原作が終わってしまい、もう千桜に会えることがなくなってしまう事実は、少し大人になったわたくしにとっても、やはり絶望感に苛まれました。
虚無感に包まれました。

それに加えて、千桜の素晴らしい声を担当されていた声優の藤村歩さんの活動休止。
これで密かに期待していた何かのおまけアニメや、アニバーサリーイヤーでの記念アニメなどに、千桜が登場する可能性が消えました。

あれは悲しかったなぁ……
千桜にもう会えなくなるという事実を目に見える形では突き付けられたみたいで。

それでも。
悲しかったけれども。

千桜と楽しんできたこの時間に悔いはありません。
ハヤテのごとく!と過ごして来たこの長い期間を誇りに今でも思えます。
これほど夢中になれることがあったのだから。


現在はトニカクカワイイというマンガがお気に入りです。
メインヒロインの司は非常にカワイイですし、見ていてニヤニヤできるわたくし得のマンガです。
早くアニメ化しないかなと思っています笑

これからもこのブログは続いていくと思います。
楽しいこと、夢中になれることがある限り、このブログは終わらないと思います。

夢中になれることがあるというのは幸せなことだとわたくしは思います。
それは誇れることだと思いますし、間違いなく自分の人生をより良いものにしてくれると思います。


皆さんは10年前は何をされていましたか?
10年前と今ではどちらが幸せですか?

わたくしはどちらも幸せです。
このブログを続けている限り、夢中になれるものがある限り、自分の人生はより良いものなると信じています。

それでは失礼致します。


〈追記〉
今読み返してみると、この文章めっちゃ恥ずかしい!!笑
途中でポエムっぽいこと言っているし!!
何が「若いなぁ」だよ!!
まだまだこの歳になっても、恥ずかしいこと書いているじゃん!!笑

ということで一応残してはおきますが、1度お読みになったらあとは読み返さないでください。
けんむろからのお願いです。
スポンサーサイト



  1. 2019/09/29(日) 23:44:27|
  2. 世間話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<秋ですね~。ということで秋アニメの話でもしましょうか。 | ホーム | 今日は8月30日。>>

コメント

異世界冒険記リメイク 第1話 「日常の終わり」

(けんむろ視点)

俺の名前は、けんむろ。

どこにでもいる普通の高校生だ。

「もう冬かぁ…寒いな。そろそろコタツとか用意した方が良いかな?」

こんな時に異能とか使えって部屋を暖めれたら便利なんだろうなぁ…

(…けんむろよ。その願い。聞き届けました。
あなたに炎を操る異能を授けましょう。
近々、あなたをこちらの世界に召喚します。
なので、今は…この平和を享受しておくと良いでしょう…。)

「うん?なにか、頭の中で変な声が聞こえたような…。
炎を操る…ねぇ。
よし。試してみるか。
炎よここに現れよっ!!
なんて…な。
まぁ、そんなことあるわけが…。」

その時、突如炎が手から現れた。

「なん…だと…ほんとに手から炎が出てきたっ!!
す…すげえっ!!
手から炎とか、なんかカッコいいっ!!
え…取材来ちゃう?来ちゃうんじゃねぇかっ!!
それに…炎がいつでも出せるってことは、これから炎が使えなくなっても…炎に困る事が無いって事じゃねぇかっ!!」

俺は、興奮していた。

なんか主人公っぽいしっ!!」

ピンポーン

家のチャイムが鳴った。

???「おーいっ!!けんむろ。一緒に学校行こうぜ。
行かないと遅刻するぞっ!!」

そこにいたのは、俺の親友…レオンだった。

レオンは、かっこよくて、成績優秀、スポーツ万能、更に性格もいいとかいう…完璧な男だ。

正直、男としては嫉妬したい位だ。
神は不平等だよなぁ…本当に。

「ああ。ごめん。今から準備するからちょっと待ってて。」

レオン「おう。けど急げよっ!!」

俺は急いで準備を整え、レオンと共に学校に行く事にした。

・・・・・・

「なぁ…レオン。聞いてくれよ。
俺…手から炎出せる様になったんだっ!!」

レオン「…けんむろ?どうした?
まだ寝ぼけてるのか?」

「え…いや、本当だって。」

レオン「なぁ…けんむろ。知ってるか?

人間の手から炎は…出ないんだ。

異能とかそういうのは、小説の中か夢の中だけの話なんだ。

現実では、ありえないんだぜ?」

なんか…かわいそうな人を見る目になってる…ってよく考えたら当たり前だっ!!

こんな事をいきなり言ったら信じてくれるわけないよなっ!!

だったら…証明を…

「ほ…ほんとだって。ほら。」

俺は、手から炎を出した。

レオン「まじかよ…。あれ?
俺まだ寝ぼけてたのか…?
いや、手品か…そうだよな。
ライターでも隠しもってるのか…?」

「そんなこと無いよ。俺は本当に炎を出せる様になったんだってっ!!」

レオン「…まぁそうか。信じたくは無いけど…実際に目の前で見ちまうとなぁ…。
だけど、けんむろ。
その事は隠しておいた方が良いぜ?
いきなりそんな事いったら頭のおかしい奴だと思われるだけだ。

手から炎を出せるのは…普通じゃないっ!!」

「そ…それもそうか。
分かった。レオン。日常生活では、隠しておく事にするよ。」

会話をしてる内に学校に着いた。

???「おはよう。レオン君、けんむろ君。」

教室に着いた時話しかける1人の女子がいた。

それは、同じクラスのマリンさん。

いつもレオンと主席争いをしている女子だ。

レオン「おう。おはよう。マリンさん。
どうしたんだ?」

マリン「ええ。レオン君。
今日の放課後、どこか遊びにいかない?」

こ…これは、もしかして…

俺は、どこかに退散した方が良いかなぁ((・∀・)

レオン「遊びにか…いいぜ。
なっ。けんむろもいいだろ?」

マリン「えっ…。いや、私は、レオン君と2人で…」

「え?俺がいたら、2人の邪魔になるんじゃない?」

レオン「そんなことない。親友を邪魔に思うなんてあるわけないだろっ!!」

「い...嫌、そういうわけじゃ…」

レオン「マリンさんも…別にけんむろがいても問題ないだろ?」

マリン「ま…まぁ、いいけど?(ほんとうは、レオン君と2人っきりか良かったんだけど…)」

レオン「なら決定だな。今日の放課後、駅の向こうにあるゲーセンで遊ぼうかっ!!3人で。」

「わ…分かったよ。(これは、断れる雰囲気じゃないなぁ…)」

そして、放課後になった。

目的地のゲーセンはこの信号を超えた先にある。

その時、俺の足元が光っていた。

これは…ゲームでよくみる魔法陣だ。

「これは…魔法陣?
えっ…嘘!?」

レオン「けんむろ!?どうしたっ!!
お前…光ってるぞ!?」

レオンが俺に近づいてきていた。

マリン「...レオン君。けんむろ君。
すぐにその魔法陣から離れてっ!!
魔法陣の事については、よくわからないけど…多分、魔法陣っていうのは、向こうの世界とこちらの世界を繋げるトンネルの様な物でしょ?
だったら…離れれば大丈夫なはずだよっ!!」

そ…それもそうか。

俺は、カバンをその場において、魔法陣から離れた。

レオンもはなれていた。

そうして、光が収まり…俺のカバンは無くなっていた。

「マリンさん。ありがとう。あなたのアドバイスが無かったら…多分俺は…。」

マリン「けんむろ君。別に感謝する程の事じゃないよ。
私は、推測しただけなんだから。
それに、本当に大丈夫かどうかわからなかったし。」

レオン「さぁ…気を取り直して、ゲーセンに行こうぜっ!!」

「うん。」

この時は、助かった…そう思っていた。

そう…また魔法陣が足元に現れるまではっ!!

「えっ…は…早く離れないと…」

レオン「また、魔法陣…だと…」

マリン「これ…多分けんむろ君を狙い撃ちにされてるよね。
それに、カバン…もう無いよね?
石も無いし…だったら、逃げるんじゃなくて…魔法陣に飛び込もう。
けんむろ君、1人だと危険だから…私たち3人でね。」

そうして…俺は…いや、俺達3人は、光の中へと消えていったのであった

続く?

というわけで、異世界冒険記リメイク。
第1話 を お届けしました。

まさかの新キャラ登場ですね。
マリン。2日前位に突如思いついたキャラです。
元ネタは…アクアマリン。
マリンの性格は、アクアマリンの石言葉をもとに作成
ちなみに石言葉は、聡明・沈着・勇気

作っておいてなんですが…この子、魔法陣出てきたのに、冷静に分析し過ぎなんですけど!!

いきなり魔法陣が出てきたら、普通は、動けなくなるかけんむろやレオンの反応をすると思います。

しかし...レオンの「お前...光ってるぞっ!!」って...迷言過ぎますね...。

まぁレオンもいったせいで、けんむろの主人公力は下がりそうですけど...真面目にレオンやマリンの方が主人公力高い気がするのは、気のせいだと思いたい...。
後、元1話も調べなおして再掲
載。

比較すると大分変ってますね…

レオン達も巻き込んだ異世界転移。

…果たしてどうなるのか作者である自分も分かりません…いつも通りプロットとか無いんでっ!!

(ここから元1話)

俺の名前は、けんむろ・・・普通の高校生だ。
ある日、俺が普通に生活してたら・・・俺は、手から、『火』を出せるようになったんだ。
その時、俺は・・・こう思っていた。
『手から火が出てきた!?・・・俺って凄く格好いいじゃねーか!!それに、これから火が使えなくなっても火に困る事は無くなるし!!
・・・でも、普通の生活では、隠しておいた方が良いよな・・・・手から、『火』が出るなんて・・・普通じゃねーし・・・。』

それから、俺は・・・いつも通り学校での生活をして、友人のレオンと帰っていた時の事だった・・・。

レオン『なぁ、けんむろ。帰りにゲーセンよってかねぇ。・・・確か、この信号を渡った先にあったよな?』

けんむろ『いいな。男2人っていうのは、なんか寂しいけど・・・・あっ、青になったぜ。わたろう。』

その時、けんむろの足元が光っていた・・・・そう、これは・・・・ゲームで良くみる、魔法陣のようなものだ。

けんむろ『これは、何だ・・・・!!魔法陣?・・・何かの嘘だろう・・・。』

レオン『・・・?何言ってるんだ・・・けんむろ。何で、立ち止まってるんだ?』

けんむろ『(もしかして、レオンには、この魔法陣が見えてないのか?)』

その時、俺の非日常は・・・・日常になることになるのであった。


  1. 2019/10/26(土) 20:59:54 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenbaseball.blog84.fc2.com/tb.php/815-d6e608b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)