FC2ブログ

春風よ、吹け

2014年ありがとうございました!

こんばんは。けんむろです。

もうすぐ2014年も終わるから、ブログの記事を更新しなければと思っていたのですが、気づけば三週間近く更新していなかったのですね。
すいません!
コメ返しをして、記事を更新していた気になっていました(笑)

さてさて、改めて今年一年はいろいろありましたね。
個人的には大学入学という人生の中でかなり大事なイベントがあった訳で。
岩手県の大学なので、もしも近隣の県の方などがいらっしゃったら是非交流したいですね。
ハヤテに関して語りたいと思います(笑)

その大学入学によって、このブログの更新頻度が激減しましたね。
所属している硬式野球部が週5で活動しており、野球のオフシーズンに入った後はバイトを始めたり自動車学校に通ったりなど、大学の講義が終わった後の時間がなかなか取れなかったのが原因なのかなと思っています。
それでも、今年の千桜の誕生日も力一杯祝わせてもらいました。
やっぱり昔からの恒例となっていますが、やはり楽しいですからね。
来年もできればいいなと思っています。

ハヤテの原作に関しても、今年も千桜が単行本の店舗特典になったりなど千桜ファンのわたくしも満足のいく年だったのではないかと思います。
ハヤテ感想はあまり書けていませんが、千桜回もありましたし、千桜が出るたびに喜んだりしていましたからね。

そして、畑先生がコミケで出していた同人誌「それが声優!」のアニメ化も決定したそうで。
これにはびっくりしましたね。
ふたばなど各キャラクターの声優は誰になるのでしょうか?
ハヤテ声優を使うのか、はたまた新しい声優を使うのか。
そこにも注目しています。
このアニメの円盤が売れて、ハヤテ5期も……というのを期待しています。

今年一年もあっという間でしたね。

毎年言っているかもしれませんが、このブログを続けていられるのも遊びにきてくださる皆さんのおかげです。
特に今年はいろいろと忙しい時期が続き、なかなかブログを更新することができませんでした。
それでも遊びにきてくださる方、コメントをしてくださる方、励ましてくださる方、そんな優しい方々に支えられてきました。
本当にありがたいことですし、非常に幸せな限りです。
そんな方達がこのブログを見て、ちょっとでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

もしかすると、来年はさらに忙しくなってさらに更新頻度が下がってしまうかもしれません。
そんなことになっても、相変わらず千桜千桜言っていきたいと思います。
なぜなら、ハヤテのごとく!という作品が好きで、春風千桜というキャラクターが好きというのは、時間があってもなくても変わらない事実だからです。

だから、あぁまたけんむろがなんか言ってるよと思う記事があると思いますが、これからもお付き合いください(笑)

2014年はありがとうございました!
2015年もよろしくお願いします!

それでは失礼致します。
スポンサーサイト



  1. 2014/12/31(水) 17:48:29|
  2. 世間話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<新年最初の記事 | ホーム | ハヤテのごとく!43巻店舗特典公開!!〈SSS(サンデーサポーターショップ)編〉>>

コメント

挨拶

今年もまた1年が始まりますね~・・・・自分は、去年と変わらず、ルカを愛してますがww
まぁ・・・今年もよろしくお願いします。
・・・・・・・というか、物語のネタが尽きないな・・・・・・・台本は、ありませんから・・・いくらでも、続けれちゃうんですよね・・・・。
・・・・・ルカは・・・キャラ上原作での出番は、中々ありませんけど・・・その時は、同人誌編を読んで・・・気分を落ち着けてるのですよ・・・・。
・・・・・本当に・・・ミコノス編アニメ化しないんですかね?
・・・・同人誌編でも良いですがww。
  1. 2015/01/02(金) 15:46:23 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

第26話 『対抗戦~開戦~』

・・・・対抗戦のルールは1vs1の実技バトル。
一応、盾(本物・・・・なんで、ある。)の貸出しもある。
・・・つけなくても、良い見たいだけど・・・。

・・・なんでも、【魔法修練場】では・・・・右上に自分のHPとMP(ゲームっぽいよな!!)に出てきて・・・魔法の力で、この中で倒されても・・・・蘇生するらしい。
・・・・・本当に、ゲームじゃないか・・・。

・・・・後、勝利した人は交代できず、そのまま敗者が次の人を出してよく・・・・相手を全滅させた方の勝利。

・・・・それで、今は1人目を相談してるところだ。

シライシ『・・・・つーかさ、ハリスが最初に出れば良いんじゃないか?』

ハリス『・・・・いや、僕とアリスは、4番目と5番目に出ます。』

・・・・・あれ?じゃあ、最後は・・・?

ハリス『・・・・そして・・・6番目は・・・けんむろに頼みたい。』

・・・・・なんでだよ!!
・・・・あぁ、でも・・・そうすると、俺の出番は無いってことか・・・

ナハト『お前ら・・・腰抜けだな。
俺が・・・・1番手を引き受けてやるよ!!
・・・・俺1人で、全滅させてやるよ!!』

・・・・・・・というわけで、1番手は、ナハトとなった。

『・・・・それでは、対抗戦第1試合を始めます。』

・・・・・相手は、赤髪にロープを・・・来た・・・これぞ、魔法使いっ!!
・・・・って感じの男だった。

???『お前ら・・・運が、悪いな。
・・・・この大魔導師のアルス様がいきなり、相手なんてなっ!!』

ナハト『・・・・あ?
・・・・何、いってるんだ・・・お前?
・・・・そもそも、魔法とか・・・・
流石に、痛いと思うぞ?』

・・・・凄い、正論を言ってるっ!!

アルス『ちっ・・・・!!俺をあまり舐めんなっ!!
・・・・これで、終わらせてやるよ!【ヘルインフェルノ】!!』

・・・・・極大の炎がナハトを包み込み・・・・・一瞬で、ナハトのHPを0にした。

けんむろ『・・・・おいおい・・・なんて、威力だよ・・・・』

アルス『まぁ・・・・この技は、MPを全て消費するんだけどなっ!!
・・・・・・それに、もうスタミナがが・・・・無い!!』

・・・・・・え・・・・こいつ・・・馬鹿なんじゃ・・・?
・・・ルール上、連戦なのに・・・・いきなり、MPを0にするような大技使うなんて・・・・。

ライト『・・・・・次は、僕が、出ますよ。』

・・・・・・次の試合は、一瞬で決着が着く。
・・・・・ライトの勝利だった。

???『・・・・アルス・・・後先考えずに、大技を使った挙げ句に・・・次の試合に負けるなんて・・・。
・・・なんて、頭の悪い人なのだろうか・・・。』

ライト『ふん・・・・あんたも、倒してやるよ!!』

???『紹介が遅れたな。
僕の名前は、リュウト。
・・・・水と雷の魔法の使い手さ。
・・・・僕は、アルスのようなヘマをしないよ?』

ライト『・・・・あはは。
・・・雑魚が何か言ってやがるぜ!!』

・・・・ライトは、一直線に向かっていく。

リュウト『・・・・猪突猛進・・・・考え無しの攻撃で、僕を倒す事なんて・・・出来ないよ?
・・・【アクアレーザー】。』

・・・・・水のレーザーがライトを襲う。

ライト『・・・・ふん・・・こんなの、横によければ・・・・』

リュウトが微笑む。

ライト『・・・・・な・・・・これは?』

リュウト『・・・【アクアバインド】・・・・水の拘束ですよ。
・・・・そして・・・・終わりです。
【サンダーボルト】。』

・・・・・水の拘束と雷のコンボとか・・・・・ひでぇ。

・・・・・こうして、ライトもやられた。

シライシ『・・・・・俺が、行ってもいいか。
・・・・あぁ、必ず、俺が、勝つからさ。
・・・・盾をレンタルさせてもらうよ。』

・・・・そして・・・シライシVSリュウトの試合が始まる。

リュウト『・・・ふん・・・凄い自信ですね?
アクアレーザーには・・・【貫通属性】がある。盾でも、ガード出来ませんよ?』

シライシ『・・・まっ・・・あんたの手の内を見て・・・思った事があっただけさ。』

リュウト『・・・・そうですか。
なら、終わりです【アクアレーザー】!!』

シライシ『・・・・・・・このレーザーは、細いんだよな・・・・そして、良く見ると・・・・下に少し隙間がある。』

そして、シライシは・・・レーザーを下にかわした。

リュウト『・・・・確かに、それなら・・・よけれますが・・・・【サンダーボルト】!!』

・・・・・シライシめがけ、電気の塊が、シライシを襲う。

シライシは、盾を構え・・・・魔法を防いだ。

・・・・そして・・・前へ進んで行く。


そして・・・・更に30分似たような事が、続いていき・・・・ついには、リュウトのMPが0になった。

リュウト『・・・・・まだ、拳があります。』

シライシ『・・・・とどめだ。』

・・・・・結果、シライシは、HPを6割近く残して勝利した。

けんむろ『・・・・凄いな・・・シライシのやつ・・・本当に、勝利しやがった・・・』

???『・・・次は、私の番♪
・・・・君の作戦は、確かに、見事だったよ・・・・けど・・・私には、通じないよ♪』

シライシ『・・・・魔法使いなんて、MPが無くなれば・・・・防御は、紙同然だろ?』

???『そうだね・・・確かに、【魔法使い】なら・・・ね。
私は・・・【魔法剣士】だから♪
あっ・・・紹介忘れてました・・・。
私の名前は、ルリ。
・・・【魔法剣士】やってます♪。』

・・・・続く
  1. 2015/01/02(金) 16:31:39 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

>>wentさん

コメントありがとうございます。
あけましておめでとうございます(今さら感

わたくしも昨年と変わらず、千桜を愛し続けます。
本当にネタが尽きないですねww

しりとりの単語がマニアックすぎる!
笑いました(笑)
しかも最後はジャンケンで世界を決めちゃうのですか!?

wentさんの物語はバトル描写が多いですが、日常系もいいですね。
日常系もすごく楽しめました。
栞がかわいいです。
付き合いたいで(殴

だけど、結局バトル系に物語が展開されるのですねww

果たして、自称一般人のけんむろの出番はあるのか!?
あと、ルリちゃんのかわいさは堪能できのか(何

楽しみです。

今年もよろしくお願いします!

それでは失礼致します。
  1. 2015/01/08(木) 11:01:19 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

第27話 『魔法剣士ルリ』

話を書く前に
今日は、ルカの誕生日。
・・・・誕生日おめでとう!!
・・・・今年も変わらず・・・自分は、ルカのファンだ!!
・・・・誕生日コメだけは、ファンとして、忘れてちゃいけないからな・・・・1年に1度しか、来ないんだから・・・・。
さて・・・かきはじめますか。



シライシ『・・・・君は、【魔法剣士】って言ってたよな?
・・・・他の人達と・・・どう違うんだ?
・・・・そもそも、一般人相手に魔法を使うのって・・・・ルール違反なんじゃないか?』

ルリ『私は・・・・【剣道部】に入ってますから♪
・・・魔法を扱う剣士っていったら、【魔法剣士】でしょ?
・・・・後、【魔法】ってのは、【才能】と【想像力】さえあれば、誰にでも・・・使えるんですよ?
知らないんですか?
・・・・まぁ、その分集中する必要があるんだけど・・・。』

・・・・・衝撃の事実だ・・・・・魔法って、誰でも使えるんだ!!

シライシ『・・・誰でも・・・使える・・・か。
・・・なら、普通の高校生である、俺でも使えるのか?』

ルリ『えぇ。
君に・・・【魔法の才能】と【想像力】さえあれば・・・。
・・・さて・・・話すのは、ここまでにして・・・勝負を始めちゃいましょう♪
・・・【フレイムソード】!!』

・・・・ルリの竹刀が【炎】を纏う。
・・・・・なんで・・・燃えないんだ・・・?

シライシ『(・・・もう、シールドは持ちそうにない。
・・・・しかたない、避けるしか無いか・・・。)』

・・・・しかし、避け続けても、たまには、当たってしまうもの。
・・・・20分後には・・・残りHPはルリが8割。
シライシが2割となっていた。

ルリ『(・・・・この人・・・中々、しぶとい。
・・・前の2人を見る限り・・・深夜学園代表って・・・そんなに強そうには見え無かったのだけど・・・)』

シライシ『(・・・・こんなとき、魔法があれば・・・・もう少し戦えるのに・・・・。
・・・・そういえば、魔法って誰にでも使えるんだよな?
・・・・俺に、魔法の才能があるかどうかは・・・分からないが・・・・試して見る価値はあるかな?
・・・・・・この状況を切り抜けるには・・・【荒れ狂う雷の竜巻】・・・想像しろ・・・・。)』

・・・・シライシは、右手を前に出す。

ルリ『(・・・・魔力濃度が・・・上昇してる・・・?
・・・なんで・・・魔法を?
・・・・考えても仕方ないか・・・・)【マジックシールド】!!』

・・・・同時に、シライシの右手から風が発生する。
・・・・その風に雷が帯びていき・・・フィールド前方を全て飲み込む大きな竜巻となった。

シライシ『(・・・・・本当に使えたよ・・・魔法・・・。
・・・・相手には、悪い事しちゃったかなぁ・・・・・・。
けど・・・魔法って、こんなに・・・スタミナを消費するんだな・・・・まるで、マラソンを走った様にキツい・・・。)』

ルリ『・・・・ごめん。君の事を少し、見くびってました。
・・・・まさか、【サンダーストーム】を使えるなんて・・・・。』

・・・・ルリの残りHPは1割となっていた。

ルリ『・・・・私も、本気を出します。
・・・・私、オリジナルの魔法。
・・・【魅了の眼差し(マジカルチャーミング)】!!』

シライシ『(・・・!!・・・な・・・なんだよ・・・これ・・・。
・・・今、俺は・・・戦い中なんだぞ・・・・なのに・・・どうしてこんなことを・・・・考えちゃうんだ?
・・・・ルリって・・・・・凄く可愛い・・・・・・・。
・・・俺は・・・・こんな女の子に向かって・・・・魔法を撃ったのか・・・?
・・・・それ以前にも、竹刀で、攻撃してたし・・・・・・・・・・・。)』

ルリ『・・・君に、1つお願いがあるんだけど・・・良いかな?
・・・・この試合・・・降参してくれませんか・・・?』

シライシ『(・・・・そんな事・・・・できるわけ・・・・)・・・あぁ。
・・・・この試合、俺の負けで良い。(・・・・って、なんで・・・俺・・・・そんなこと言ってるんだよ!!)』

ルリ『・・・ありがとうございます♪』

・・・・・そして、次の選手を選ぶ事となった。

ハリス『・・・・なんて・・・恐ろしい魔法を・・・・これこそ、禁止されるべき魔法じゃないですか・・・・。』

けんむろ『・・・?ハリス・・・何か知ってるのか?』

ハリス『・・・えぇ。最後に相手がシライシに使った魔法・・・・あれは・・・・【相手の精神を揺さぶる魔法】です。』

・・・・・確かに、おかしい事があった・・・・最後・・・シライシは、降参をしたのだ・・・・。
・・・・後少しで勝てるにも関わらず・・・だ。

ハリス『・・・・恐らく、あの魔法に対抗できるのは・・・【アリス】しかいないでしょう・・・・。
・・・・男では、【心を掌握】されて、行動をコントロールされて負けます。』

けんむろ『・・・・シライシが降参したのは・・・まさか・・・』

ハリス『・・・・えぇ、あの魔法で【相手に操られた】結果でしょうね・・・・。』

けんむろ『・・・・どうすれば・・・・あっ!!』

・・・・けんむろは、転んでしまった。

・・・・・・同時に、銃弾が、けんむろの頭上を通っていった。

ハリス『(・・・・銃弾?・・・今のは・・・けんむろを狙って・・・)』

・・・・次の銃弾が見えた。

ハリス『(・・・・仕方ない。)』

・・・・ハリスは、『剣』を取り出して・・・・銃弾を斬った。
・・・・・って、剣!?・・・・どこから取り出した?

???『・・・・はぁ・・・・この世界にも・・・【あなた】がいるのですか?
・・・・大誤算ですね・・・。』

・・・・知り合いなのか・・・?

ハリス『・・・・お前は・・!!
・・・・誰ですか?』

・・・・・どうやら、一方的な知り合いらしい・・・・

???『・・・・この世界の【あなた】は・・・私の事を知らない様ですね。
・・・・まぁ、構いません。
・・・・私が、用があるのは、『けんむろ』だけです。
・・・・怪我をしたくなければ・・・どいてください。』

・・・・そこに、いたのは・・・・『銀髪』で『2つの銃』をもち・・・『ロープ』を纏った男。
・・・・俺の夢で最後に出てきた男だった。

ハリス『・・・・あなたの名前は?
・・・・そして・・・・けんむろをどうして、狙ってるのですか?』

???『・・・私は【白銀の奇術師】・・・【四天王第3位】【ワイツ・シューダルト】。
・・・・けんむろを【世界から消す】ために来ました。』

・・・・俺のピンチだった・・・!!

続く

ようやく、登場した、ワイツ。
これは、本物。
・・・・前の話の伏線の回収です・・・・。
・・・・前、wentに言われた通り、夢世界のけんむろを葬りに来たわけですよ。
  1. 2015/01/08(木) 21:23:37 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenbaseball.blog84.fc2.com/tb.php/689-bba14b8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)