FC2ブログ

春風よ、吹け

ハヤテのごとく!43巻店舗特典公開!!〈三洋堂編〉

こんにちは。けんむろです。

タイトルの通り、ハヤテのごとく!43巻店舗特典が公開されました。
お次は三洋堂です。
千桜の特典よ、来てくれ!!

こちらです。







(sampleなし)








三洋堂の店舗特典はルカです!
今やルカの人気は高いですからね。
確実に店舗特典に入れてきたという感じですね。
ルカもかわいいですよね。

そして、三洋堂で購入するとこれとは別に特製クリアファイルがもらえます。
その絵柄はこちらです。

 





既存イラストですが、良い絵ですよね。
是非とも欲しいです。

それでは失礼致します。
スポンサーサイト



  1. 2014/12/10(水) 16:05:20|
  2. ハヤテのごとく!の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<ハヤテのごとく!43巻店舗特典公開!!〈SSS(サンデーサポーターショップ)編〉 | ホーム | ハヤテのごとく!43巻店舗特典公開!!〈ゲーマーズ編〉>>

コメント

感想

この記事を見て、即ネットで限定版を予約しましたよww。
・・・・クレジットカード持ってないから、代引きなので約4000円ですが・・・ルカのためならば・・・・・・・払える金額ですっ!!
・・・・大丈夫・・・後悔等・・・何もないっ!!
・・・・今月のラノベ購入を1週遅らせれば・・・・・・。

・・・あぁ、後、創作の『ポケ○ンバトル回』のために、自分のソフト2つ使って・・・・本当に、バトルしてみましたよ。
・・・・結果は、話をお楽しみに。
  1. 2014/12/11(木) 15:39:48 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

第23話 『運命のポケモンバトル』

went 『・・・それで?ルールは、どうします?』

シライシ『・・・3vs3のシングルバトル。
・・・伝説ポケモンは、1体まで可。
・・・ポケモンの途中交代は、できない。
・・・・これで、どうだ?』

went 『・・・分かりました。
じゃあ、準備があるでしょうし・・・5分後にバトルを開始しましょう。』

・・・・こうして、運命をかけた1戦が、始まる。

~5分後~

・・・・・俺が、使うポケモンは、『ダークライ』・『メタグロス』・『ツボツボ』に決まった。
・・・・wentのポケモンは・・・『ミュウツー』・『ゲンガー』・『エルレイド』・・・か。
・・・・多分、ゲンガーを最初に、出してくるだろう。
・・・そして・・・【タスキ】持ちだろうな・・・。
・・・・俺は、様子見と言うことで、【ダークライ】を使おうか。

ポケモンバトルスタート

1ターン目
went:ゲンガー
シライシ:ダークライ

シライシ『(・・・予想通り・・・か。
・・・・とりあえず、初手は、【ダークホール】にしよう。

ゲンガーの【10万ボルト】。
ダークライに【120】ダメージ。
ダークライの【ダークホール】。
ゲンガーは、眠ってしまった。
ダークライの特性発動。
ゲンガーに40ダメージ。

シライシ『(交代無しと言うルール上・・・・これで、勝てたも同然だが・・・・念のために・・・)』

2ターン目
ゲンガーは眠っている。
ダークライの『みがわり』。
ダークライの特性により・・・ゲンガーに40ダメージ。

これで・・・・もう、勝てるな。

3ターン目
ゲンガーは眠っている。
ダークライの『ゆめくい』。
効果は抜群。
ゲンガーに『196ダメージ』。
ダークライの特性発動。
ゲンガーに40ダメージ。

・・・・・後少しで・・・耐えた・・・・だと。

4ターン目
ゲンガーは眠っている。
ダークライの『ゆめくい』
効果は抜群だ。
ゲンガーを倒した。

残り
went・・・2体
シライシ・・・3体。

・・・・・さぁ、次はどっちで来る?

went『(・・・みがわりも発動してて・・・スピードでも負けるから・・・エルレイドは、意味が無い。
・・・・仕方ないか。)』

5ターン目
went:ミュウツー
シライシ:ダークライ

シライシ『(・・・ミュウツー・・・か。
みがわりは、発動してるから・・・ダークホールで眠らせれば・・・勝てるな。)』

ミュウツーの『はどうだん』
ダークライのみがわりは、外れてしまった。
ダークライのダークホール。
ミュウツーは、眠った。
しかし、ラムの実で回復。

・・・・ラムのみ持ち・・・かよ。
・・・・まぁ、いい。
次のターンで・・・倒せばいいだけさ。

6ターン目

ミュウツーのちょうはつ。
ダークライのダークホール。
しかし、ちょうはつされていて、技が出せない。

・・・・嘘・・・だろ。
ミュウツーに・・・ちょうはつ!?
・・・・それは、予想できなかったぜ。

7ターン目
ミュウツーのはどうだん。
ダークライは、倒れてしまった。

残り
went:2
シライシ:2

シライシ『(・・・ちょうはつがあるから・・・ツボツボは、意味が無い・・・・なら、メタグロスで。)』

8ターン目
went:ミュウツー
シライシ:メタグロス

ミュウツーのはどうだん。
メタグロスに124ダメージ。
メタグロスのコメットパンチ
ミュウツーに207ダメージ

9ターン目
ミュウツーのじこさいせい。
ミュウツーのHP回復。
メタグロスのコメットパンチ。
ミュウツーに207ダメージ。

シライシ『(回復・・・か。なら、バレットパンチで。)』

10ターン目
メタグロスのバレットパンチ
ミュウツーに80ダメージ。
ミュウツーのはどうだん。
メタグロスに128ダメージ。

11ターン目
メタグロスのバレットパンチ。
ミュウツーを倒した。

残り
went:1
シライシ:2

went『・・・・シライシが、ここまで強いとは、思わなかったよ。
・・・・だけど、僕の最後のポケモン・・・エルレイドを倒せるかな?』

12ターン目
went:エルレイド
シライシ:メタグロス

エルレイドのシザークロス。
メタグロスを倒した。

残り1匹ずつ。

went『・・・後は、ツボツボだけ・・・・ツボツボでエルレイドに勝てると思いますか?
シライシ・・・悪い事は、言いません。
・・・・降参したら、どうですか?』

シライシ『・・・俺は、こいつを信じてる。
・・・ツボツボならば、たとえ・・・相手がエルレイドでも、負けないさ。』

13ターン目

エルレイドのいわなだれ。
ツボツボに58ダメージ。
ツボツボのかげぶんしん。
ツボツボの回避率UP。
ツボツボは、たべのこしでHP回復。

14ターン目

エルレイドのいわなだれ。
しかし、攻撃は外れてしまった。
ツボツボのかげぶんしん。

15ターン目

エルレイドのいわなだれ。
ツボツボに66ダメージ。
ツボツボのかげぶんしん。

16ターン目

エルレイドのいわなだれ。
ツボツボに66ダメージ
ツボツボは、ひるんでしまった。

17ターン目
エルレイドのいわなだれ。
攻撃外れる。
ツボツボのかげぶんしん。

18ターン目
エルレイドのいわなだれ。
外れる。
ツボツボの眠る。
体力全回復。

19ターン目
エルレイドのいわなだれ。
外れる。
ツボツボ眠っている。

20ターン目
エルレイドのいわなだれ。
外れる。
ツボツボ寝ている。

21ターン目
エルレイドのいわなだれ。
外れる。
ツボツボのかげぶんしん。

22ターン目
エルレイドのいわなだれ。
外れる。
ツボツボのかげぶんしん。

23ターン目
エルレイドのいわなだれ。
外れる。
ツボツボのみがわり。

24ターン目
エルレイドのいわなだれ。
外れる。
ツボツボのどくどく。
エルレイドは毒になる。

・・・・・それからは、ツボツボ優勢になり・・・勝負は、5ターン経ち、エルレイドを倒すことができた。

その結果・・・・勝者は、シライシとなった。

シライシ『・・・1回戦は、俺の勝ちだな。』

went『・・・・あんな、戦術で倒されるとは・・・・・せめて、交代ありだったら・・・僕の勝ちだったのに・・・』

シライシ『・・・まぁ、俺はみんなから、【知のシライシ】と呼ばれてたからなっ!!』

went『・・・・そうですか。
けど、次は・・・・僕が勝ちます。』

シライシ『・・・次は・・・【しりとり】で勝負だっ!!』

・・・・・2回戦は、しりとりに決定した。

続く
  1. 2014/12/12(金) 16:11:34 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

>>wentさん

コメントありがとうございます。

まずは表紙と店舗特典の件、おめでとうございます!
どちらのルカもかわいいですね!
千桜は次巻を楽しみにしたいと思います。

ハリスが敗北だと………?
あの物語前半はチートだったハリスが何もできずに屈するなんて…………
時代も変わったな~

アリスも敗北だと!?
アリス~~~~~~~~~!!!!!!これで、アリスとお別れなんですか!?
また登場すると信じてます。

バトル描写が苦手とおっしゃっていましたが、そんなことないと思いますよ。
流れも分かりますし、特に問題はないと思います。

世界の命運をかけてのポケモンバトルって、重い!!重すぎますよ!!
しかも次はしりとりですか!?
わたくしだったら、プレッシャーでつぶれてしまいます(笑)
伝説の「る」攻めとかもあるのでしょうか?(笑)

それでは失礼致します。
  1. 2014/12/17(水) 15:16:59 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

第24話 『went VS シライシ3本勝負~決着編~』

went『・・・それで?どっちから始める?』

シライシ『1回戦は、俺の勝ちだったからな。
先手は、wentに譲るよ。
始めの文字は【しりとり】の【り】だ。』

went『・・・そう。
だったら・・・【リィンレジオスター】で。』

・・・・いきなり、変化球か?

シライシ『【太鼓】』

went『・・・そこは、空気を読んで欲しいところだよ・・・。
【こ】・・・か。
【硬貨】』

シライシ『【蚊】』

went『・・・文字返し・・・。
【肩】』

シライシ『【短歌】』

went『【火竜】』

シライシ『【牛】』

went『【師匠】』

・・・・・う?

シライシ『【歌】』

went『【太陽】』

シライシ『・・・・【馬】』

went『【万葉集】』

・・・・・・・また、【う】・・・・だと。

シライシ『・・・・【ウサギ】』

went『【漁業】』

シライシ『【渦】』

went 『【頭痛】』

・・・・・・間違い無いな・・・・wentは、なるべく、同じ文字で、終わらせようとしてる・・・。

シライシ『【海】』

went『【ミュウ】』

・・・・・あぁ、ポケモンの【ミュウ】か。

・・・・・う・・・・・・・

シライシ『【羽毛】』

・・・・・【う】返しだ。
どう・・・くる?

went『【宇宙】』

・・・・・・・よく、すぐ出てきたな・・・・宇宙。

シライシ『【嘘】』

went『・・・・【創造】』

・・・・・・『う』ループ続けるか~・・・。

シライシ『【占い】』

went『(・・・・『う』じゃ、多すぎて終わらないな・・・・だったら・・・)【イカダ】』

・・・・・『だ』?

シライシ『【打撃】』

went『【霧】』

シライシ『【理想】』

went『【運命】』

~(中略)~

・・・・・・しりとりは、それから30分にも及んだ。

went『【アメノムラクモノツルギ】』

・・・・・・・【ぎ】は・・・・もう、思い付かないよ・・・・・。
・・・・というか、ついに神話を持ち出して来たよ・・・・。

シライシ『・・・・・・・もう、思い付かない。
降参する。
・・・・2回戦は、wentの勝ち。
・・・・じゃあ、最後に・・・【じゃんけん】で決着をつけるか?』

こうして、じゃんけんが始まるが・・・・なんだか、俺の手が震えてる・・・・・・・このじゃんけんに負けたら・・・・世界が・・・・・そう考えると・・・・・。
・・・・・けれど、負けられない。
・・・・・俺は、天に運を預ける。

じゃんけんが始まる。
wentは・・・・パー
俺は・・・・チョキ
・・・・結果、俺が勝った。

went『・・・・シライシの勝ちか。
・・・・仕方ない。
約束でしたからね・・・・僕は、マスターに、反旗を翻しましょう。
・・・・まぁ、勝てるかどうかは、分かりませんけどね。』

・・・・・こうして、四天王第2位で、親友のwentが、仲間になる。

続く

・・・・・【しりとり】は、終わりが見えなかったので・・・途中で、終わらせましたが・・・・本当に、いつ終わるか、分からなかったですからねww。

・・・・次の話の主人公は、ようやく【けんむろ】の出番です。
・・・・夢世界での話です。
なお、夢世界編の【けんむろ】と【ワイツ】以外のキャラは、全て夢世界の住人なので、混乱しないように注意をしてください。
  1. 2014/12/17(水) 21:37:48 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

DVD感想?

限定版のDVD見てみましたよ。
・・・・予想してましたが・・・やっぱ、この話でしたか・・・
・・・・マリア編は、まだ良い。
・・・・けれど、焼肉の話に、ルカを組み込むのは・・・・正直、無理矢理過ぎる気がしました・・・・
だって、ルカは、白皇のテスト受けて無いよ!!
・・・・まぁ、あの話、好きですけどね・・・。
ルカファンとしては、嬉しいのですがね・・・・。
というか、カラオケの話にしておけば・・・・あぁ、でもその頃のルカだと、ハヤテを女の子だと思ってるのか・・・。
・・・・まぁ、ルカが絡む話となると同人誌編が主でしたからね・・・・仕方無いといえば、仕方無いですよね・・・・。
・・・・・あれ?でも、妖怪大発生の回(あのハヤテがメガネをかけてた話ですよ)ならルカを主役に出来たような・・・・・・・あぁ、けどこれも同人誌編に絡むのか・・・。
EDは、意外と良かったですけど・・・。
  1. 2014/12/23(火) 16:21:32 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

第25話 『普通の時間』

注)この話は、けんむろの『夢の世界』での話。
・・・ワイツの【夢見の弾丸】これには・・・その人物が最初から現実にいた様に思う・・・・そんな、呪いが弾丸にこめられてます。
なので・・・キャラ混同に注意。

では、始めます。

↓続き

俺は・・・・昨日、【俺が異世界に飛ばされて、そこで主役となって、世界を救う】・・・・そんな夢を見ていた。
夢の最後で、俺は・・・【2つの銃を持った銀髪の男】に撃たれた。
・・・・俺は、そこで目が覚めた。
そこは・・・・自分の部屋だった。

けんむろ『・・・・夢なら、俺の勝利で終わるはずだろ・・・・次に合ったらあ勝てる・・・・・気がするけどな。
・・・・まっ・・・・所詮夢だしな・・・・・・・・っていうか、今日何曜日だ?』

・・・・俺は、携帯電話を開く。
・・・・今日は、月曜日だった。
・・・・俺は、学生だ。
つまり・・・・・学校の日だった。

けんむろ『・・・・頑張って学校いくか・・・・というか、朝ご飯は・・・・おにぎりですまそうかな・・・・。』

・・・・・そして、数10分後、俺は・・・朝の準備を終え、制服に着替え・・・・家を出発した。

・・・・通学の途中、俺は・・・2人の男女に合う。
男の方は、『レオン』。
俺の中学からの知り合いだ。
・・・・学力は、学年2位と優秀で、スポーツもできる。
さらには・・・・顔も良いという・・・まるで、漫画にいる様な完璧超人だ。
・・・・同じ様なスペックをもち・・・スポーツ・学力ともに1位を争っているライバルも同じクラスにいるが・・・・まぁ、今は割愛しよう。

俺?・・・俺は・・・まぁ・・・。
どこにでもいる様な・・・凡人だ。

そして、もう1人の女の子の方は・・・俺の彼女の『栞』だ。
・・・栞は、まだ・・・中学生。
・・・・・べ・・・別に、俺が年下好きと言うことは・・・無いと思う・・・・いや、思いたい。
・・・ちなみに、俺の通う学校の名前は、【深夜学園】・・・・ナイト学園と読む。
・・・・中学と高校が同じ敷地内にあるんだ。
・・・俺を含め、2人ともそこの生徒だ。

レオン『おはよう。けんむろ。
・・・今日から、また学校だけど・・・ゆっくり休めたか?』

けんむろ『・・・別に、お前に心配される様な事は、何も無いな。
・・・休みは、特に何もなかったよ。
・・・・まっ、俺らは学生だしな・・・平日は、学校に行くのが普通だ。』

レオン『はは・・・それも、そうだよな。
・・・おっと、お前らの邪魔をするのは、悪いよな。
・・・・だから、俺は、先に学校に行くよ。
じゃ・・・また後でな。』

・・・そういい、レオンは走って、学校にいった。
・・・・・レオンって、やっぱ、凄い速いな・・・
・・・・こうして、俺は『栞』と2人きりになる。

けんむろ『・・・・栞・・・おはよう。
・・・・・まぁ、昨日一緒に合ったけどな。』

栞『・・・おはよう・・・けんむろ。
・・・・・・2人っきりになると・・・・話す事がありすぎて・・・遅れちゃう・・・・・よね。
・・・・だから、急いで学校に・・・・行こ?』

・・・・・まぁ、栞の言う事ももっともだ。
・・・・俺も、遅れたくは無いしな・・・・。

・・・・・・そうして、俺らは手を繋ぎつつ・・・・・・学校を目指す。

そして、歩くこと20分。
校門前に着く。
・・・ここからは、別々なんだよな・・・。

けんむろ『・・・・じゃあ・・・・俺、こっちだから・・・・また・・・後でな。』

栞『うん。・・・・本当に・・・会える・・・よね?
また・・・昼休みに。
・・・・・じゃあ、またね。』

・・・・・そして、俺は・・・・教室を目指す。

・・・・・教室には、レオン以外にも何人か友人がいた。
2人の男が近づいてくる。
『・・・【けんむろ】か。おはよう。
・・・・気を悪くしたらごめん。
けど・・・僕からは、あまり話す事は・・・無いかな。
・・・・僕は今・・・凄い疲れてるんだよ・・・・。』
・・・そのうちの1人went。
・・・別に、特段話す事は無いけど、強いていうなら・・・・クール系?

A『・・・まぁ、・・・あれの相手は、疲れるだろうな。
・・・・went・・・・朝から、大変だな!!』

went『・・・・そういうなら、シライシの方が・・・シャドウの相手をしてくれよ・・・・。
・・・・本当に、標準語をあまりしゃべらないんだよ・・・・シャドウは。』

シライシ『・・・すまん。それ無理。
俺には、あいつが・・・・何言ってるのか理解出来ないからさ。』

シャドウ『・・・・くく・・・・今日こそ、前世からの戦いに決着をつけようじゃないか・・・・【勇者】よ。
まぁ・・・勝つのは、この【闇の力を極限まで極めた】私だかな。』

なんか・・・中二っぽい事を言ってるよ・・・シャドウ。
・・・・ちなみに、【勇者】とは、俺の事らしい。

けんむろ『・・・・何、言ってるのが理解できないよ・・・・。』

A『はは・・・・けんむろ。シャドウの言う事は、あまり気にしない方がいいですよ・・・。
・・・・相手をすると・・・・疲れますよ?』

・・・・また別の男女3人が近づいて来る。
・・・・ちなみに、その内、男は、1人。

けんむろ『・・・・なんだ、ハリスか。
・・・・お前には、分からないよ。
・・・シャドウに絡まれる俺の気持ちなんてな・・・』

B『・・・・お兄様の事を【お前】呼ばわりとか・・・・ありえません。
・・・・私達以外の人はちゃんと【名前】で呼ぶか・・・【神】と呼ぶべきです。』

・・・・今、ハリスの事を【お兄様】と呼んでたのはアリス。
本当のハリスの妹で・・・
中学生の中では、アイドル的存在となってるらしい・・・・。
・・・・・っていうか、なんで・・・ここにいる?
もう、後10分でチャイムなるけど・・・・。
C『いやいや・・・別に・・・良いんじゃないかな~?
・・・・ハリスの事を【お前】呼ばわりしても。
・・・・とりあえず、【神】と呼ぶ方が異常だと・・・・私は、思うけどな・・・。』

今、目の前にいるのが・・・・この学園で一・二を争う可愛さを持つ女の子・・・クレアだ。
・・・・・ちなみに、もう1人は、アリスだったりする。
噂では・・・ハリスの彼女らしいけど・・・・・。
そんな可愛い女の子2人に囲まれるとか・・・・・・本当に、ハリス爆発しろっ!!

アリス『・・・・お兄様が、神なのは、言うまでもない事・・・・というのは、あなたにも分かってると思うのですけどね・・・・』

ハリス『・・・・というより、アリス。
・・・・もう、チャイムなるよ?
・・・・なんで、まだここに・・・?』

アリス『・・・・まだ、チャイムなるまで7分ありますっ!!
・・・・せめて、後3分は、ここにいます。
・・・・まぁ、本音をいうと・・・ずっと、ここに・・・お兄様の隣にいたいですけど。』

ハリス『・・・・・わがままは、あまり言っちゃ駄目だ。
時間を守って・・・・もう、教室に帰って・・・アリス。』

アリス『・・・・・けど・・・また1時間以上・・・お兄様から離れる事になっちゃうじゃ無いですか・・・・。
・・・・・そんな・・・・1時間以上も、お兄様から離れるなんて・・・私、我慢できません。』

ハリス『・・・・・けど・・・』

・・・・・そうこうしてる内にチャイムはなり・・・・学校が始まった。

続く

・・・・ヤバイ、気づいたら、2時間近く書いてたww
  1. 2014/12/23(火) 17:47:52 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

第25話 『対抗戦』

先生『・・・今日のHR情報を伝える。』

・・・・結局、あのあとアリスは・・・ハリスの必死の説得により、チャイムのなる、1分前に教室に帰って行った。
・・・・・時間には間に合ってたのだろうか?

先生『・・・今日は、午後から学園伝統行事の【対抗戦】が行われる。』

・・・・対抗戦・・・それは、地区内にある、全ての学校からランダムで2校が選ばれ、選ばれた学校からそれぞれの代表者を6人選び・・・何らかの対決をする。
・・・・この日だけは、学校は午後が休みになる。
・・・・そんな行事だ。
・・・・そうか・・・・そういえば今日だったな・・・。

先生『・・・・それで、今年はこの学校と・・・・【星桜学園】が対決をする事となった。』

・・・・・おいおい、うちが戦うのかよ。
・・・・しかも、相手は【星桜】・・・・相手が悪い・・・・な。
・・・・【星桜】では・・・この地区で唯一、何故か『魔法』を教えてる・・・・魔法学園だ。
・・・・相手を消滅させる魔法から蘇生させる魔法まで・・・・様々だ。
・・・・噂だけどな。

先生『・・・・それで、こちらからは・・・・中学3人・高校3人を代表にすることにした。
・・・・それで、うちの高校の代表者は・・・・このクラスから出る事と決まった。』

・・・・・まぁ、このクラスには、成績優秀者が何故か集まってるからな・・・・。

先生『・・・・それで、代表者だが・・・・ハリス・シライシ・けんむろ・・・・以上の3人にしようと思う。』

・・・・・・えっ!!
・・・俺が・・・・代表!?

先生『・・・・さっきの3人は・・・・次の時間少し来て欲しい。
・・・・中学の代表との顔合わせもあるからな・・・』

・・・・・俺に・・・・代表が務まる・・・・のか?

・・・・・・そして、数分後・・・・代表者6人が集まる。

中学側の代表には、アリスと・・・・見るからに、見た目が不良っぽい男
それと・・・見た目は特徴があまりにも、無い・・・普通の男子がいた。

・・・それぞれの自己紹介が始まる。
・・・・まずは、中学側からの様だ。

アリス『・・・皆さんは私事は知ってると思いますが・・・・・・一応自己紹介を。
・・・『3ーA』のアリスです。
・・・・お兄様の足を引っ張らない様に、頑張ります。』

・・・・・・アリスは、いつも通り通常運行だ・・・・

ライト『・・・・次は、僕の番?
・・・・僕の名前は、ライト。
・・・・・負けず嫌いなので・・・・絶対に、【星桜】を倒します。
・・・・あぁ、後・・・・僕は、戦いの時に性格変わるかもしれませんが・・・・気にしないで下さいね?』

・・・・・なんか、燃えてるな~・・・。・・・・・っていうか、凄い不安なんだけど・・・・。

???『・・・・あっ?
・・・・俺の出番か?
・・・・俺に名乗る名前なんて・・・・無い!!』

・・・・・・・

???『・・・・なんだよ?お前ら・・・
その目は・・・・?』

ライト『・・・・・彼は、ナハト。
・・・・見ての通り・・・・問題児だけど・・・・』

ナハト『・・・なんだライト。?喧嘩なら買うぞ?』

ライト『・・・・僕の性格・・・知ってる・・・よな?
・・・・・喧嘩・・・・それも良いかもな。
・・・・あぁ、そうさ・・・・戦いこそが僕のエネルギーなのだから!!
・・・・ふふっ・・・・戦いとは、なんて・・・楽しい物なのだろう・・・。
・・・僕のために・・・戦おう!!ナハト。』

・・・・・・ライトって、こんな性格なのか!?
さっきとキャラ全然違うけど!?

ハリス『・・・・2人とも。そこまでにしてください。』

・・・そこに、ハリスが割って入る。

ナハト『・・・・先輩には、関係無いだろ?
・・・・それとも、この俺と・・・・やろうってのか?』

ハリス『・・・・ナハト・・・君が、それで止まるのなら・・・・僕も喧嘩で応えるよ?』

・・・・・・次の瞬間には、ハリスの姿は消え・・・・ナハトの首元に手が添えられていた。
・・・・・っていうか、ハリス・・・・速すぎるだろ!?
・・・ほとんど、姿が見えなかったんだが・・・。

ナハト『・・・・・おい・・・・嘘だろ?
・・・・あんた、速すぎる・・・・だろ?。』

ハリス『・・・・今のでも、十分速度抑えたんですよ?』

ナハト『・・・・・もう、ただの化け物だよ・・・・・・先輩は。』

・・・・・・・・っていうか、対抗戦・・・ハリス1人で十分じゃないか・・・?

ハリス『・・・・・僕の名前は、ハリス。
・・・・皆から何故か【チート】と呼ばれています。
・・・・何でだろうか・・・?』

・・・・・・あれは、チート以外の何物でも無いよ!!

シライシ『・・・・俺は、シライシ。
・・・・他の人見たいに、特殊能力は、無い。
・・・・けど、まぁ・・・頑張るよ。』

・・・・まぁ、それが・・・普通・・・だよな。

けんむろ『・・・・俺は、けんむろ。
・・・・ただの一般人だ。』

ハリス『・・・・・けんむろ君が普通の人?
けんむろ君・・・・自己紹介なのに・・・嘘は、いけない・・・・ですよ?』

・・・・・?

ハリス『・・・・・そうか・・・・君は・・・自分の【異能】と【化身】に気付いて無いのか・・・・いや、忘れてる・・・・のかな?』

けんむろ『・・・・さっきから、一体?
異能?化身?
・・・・なんだ?ゲームやラノベの話か?』

ハリス『・・・・・いや・・・・何でもないです。
・・・・・とにかく・・・対抗戦・・・・絶対に勝ちましょう。』

・・・・そうして、不思議を残しながらも対抗戦が始まる。
場所は・・・【星桜学園】にある【魔法修練所】・・・・らしい。

続く

・・・・けんむろの学校のクラス担任の名前を募集します。
・・・・今の彼の名は・・・【あああああ(仮)】!!
・・・・・・・・・・・酷すぎるので、【マルクス】とかにしときますww?
  1. 2014/12/29(月) 19:37:16 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenbaseball.blog84.fc2.com/tb.php/687-69616ecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)