FC2ブログ

春風よ、吹け

ハヤテのごとく!41巻店舗特典公開!!〈とらのあな編〉

こんばんは。けんむろです。

最後はとらのあなです。
最後の一枠を勝ち取ったキャラクターは誰でしょうか。
こちらです。







(sampleなし)







という訳で最後の一枠ほアテネことアーたんでした。
アリスではなく、アーたんというのがミソてすね。

水着ということで見栄えがあります。
しかも赤面していてとてもかわいらしいですね。
アーたんファンの方は歓喜なのではないですか?

さて全て店舗特典は出揃いましたが、皆さんに申しあげたいのはかならずSSSでハヤテのごとく!41巻をお買い求めくださいということです!
ほとんどのアニメイト、ゲーマーズ、とらのあなはSSSなのでそこで買われる方は問題ないと思いますが、その方々も一冊と言わず、他の店舗でも買って、たくさんの千桜をゲットしてください。

今回の41巻店舗特典は千桜に注目ですよ!

それでは失礼致します。
スポンサーサイト



  1. 2014/06/13(金) 00:06:01|
  2. ハヤテのごとく!の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<第454話「弟の事」 | ホーム | ハヤテのごとく!41巻店舗特典公開!!〈ゲーマーズ編〉>>

コメント

第4話 『謎の男』

・・・・戦いか・・・・どうしよう。

went『・・・・断ります。』

リリー『・・・なんで・・・断るんです?
・・・私に、負けるのが・・・怖いというわけですか?』

went『・・・そうじゃありません。
・・・戦いは、ステージの上・・・つまり、闘技大会で、戦おう・・・そういうわけです。』

リリー『・・・けど、今は、参加する気が無い見たい・・・・あぁ、秘宝集めですね。』

went『・・・僕らには、まだしなければ、いけない事がありますからね。』

リリー『・・・だったら、私もついていきます。
・・・お姉ちゃん達に。
・・・良いですよね?』

・・・まぁ、断る理由は・・・無いよな・・・。

went『えぇ。』

・・・こうして、僕らは・・・旅を再開・・・・

???『いや~・・・君ら、強いんだね・・・。』

・・・・・謎の男が現れる。

went『・・・・あなたは・・・?』

???『僕か・・・。
僕の名前は・・・オリオン。
・・・早速で、悪いんだが・・・・君ら、アリス達の仲間なんだよね?
・・・だったらさ・・・アリスを・・・裏切って・・・僕の使命を手伝ってくれない?』

・・・こいつは・・・いきなり・・・何を言ってる?

went『・・・そんな事・・・出来るわけ無い・・・!!』

オリオン『・・・もし、その使命に・・・・世界の命運が、かかってるとしても・・・?』

went『・・・それなら、それで・・・アリスさん達に、手伝ってもらえば、良いだけ・・・!!』

オリオン『・・・けど、僕は・・・アリスを巻き込みたく無いんだよね・・・。
・・・だったら、こうしよう。
僕と君ら4人で模擬戦をする。
・・・僕が、勝てば・・・君らは、僕の使命を手伝う。
君らが勝てば・・・君らの好きにして良い。
・・・悪くない条件だろ?』

・・・・こいつ・・・・本気で言ってるのか?
・・・僕達4人・・・全員に勝てる・・・・と?

went『・・・あぁ、別に構いませんよ。』

オリオン『・・・4人全員で、かかって来て良いよ。
・・・・それでも、僕は、君らに勝てる自信があるからさ。』

・・・・・こうして、模擬戦が始まった。
  1. 2014/06/16(月) 21:06:33 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

第5話 『vsオリオン』

・・・・先手必勝。
・・・僕の異能で、動きを止めるっ!!。

・・・僕は、漆黒の旋風を使う。

・・・けど、簡単に避けられる。

オリオン『・・・黒い風・・・君の異能は、【漆黒の旋風】・・・か。
・・・ちょっと、厄介だね。
君から、倒そう。』

・・・僕が、負けるわけ・・・!!

剣を構えようとしたが・・・・もう、オリオンの姿は、消えていた。

オリオン『・・・遅いね。』

・・・・・なっ・・・・いつのまに・・・!!

・・・・僕は、何も出来ずに、やられていた。

シャドウ『・・・・おい・・・なんだよ、この速さ・・・!!
・・・・全然、姿が、見えなかったぞ!!。』

オリオン『・・・次は・・・・そうだね。』

・・・・・そして、シャドウも斬られ・・・・

シャドウ『・・・・!!俺をなめるな。』

・・・・反転を発動させた様だ。

オリオン『・・・・ダメージの無効果・・・?
・・・・ちょっと、候補が多いから・・・これを使うよ。』

・・・・オリオンは、また剣で斬って・・・。

シャドウ『・・・・なんで・・・・ダメージを・・・?』

オリオン『・・・・反転・・・か。
・・・回復効果のある技で、正解だったな。』

・・・・シャドウもやられた。

リリー『・・・・私に・・・任せて。』

・・・・・リリーは、砂を投げつけて・・・無数の剣に、変化させた。

オリオン『・・・トランス・・・か。
・・・けど、この程度の数じゃ・・・・僕を倒せない。』

・・・・オリオンは、その剣全てを・・・裁ききった。

リリー『・・・!!まだです。』

・・・・リリーは、オリオンの剣をダンボールに、変化させた。

オリオン『・・・やっぱ、厄介だね・・・その能力。
・・・・仕方ない。』

・・・・・オリオンのダンボール製の剣が、元の剣に戻った。

リリー『・・・・なっ・・・なんで?』

・・・・それと、同時に、オリオンの周りには、無数の剣が現れる。

オリオン『・・・自分の技に、やられなよ。』

・・・リリーもやられてしまった。

レイシス『・・・・まさか・・・オリオンさん。
今・・・・『時間』を戻した・・・のですか?』

オリオン『・・・その通り。
後は、あなただけだ・・・・安心して・・・・すぐ、終わらせるから。』

レイシス『(・・・時間を操るなら、私に勝ち目は・・・・無い。
・・・いちか、ばちか・・・かけにでる!!)』

・・・・レイシスは、オリオンの異能を使う。
・・・雨が、振りだした。

オリオン『・・・?これは・・・僕の異能・・・?
・・・・僕以外に、この異能を使える人はいないはず・・・。
・・・・そうか。
【完全制御(マスターコントロール)】・・・それが、君の異能か。』

・・・オリオンの剣の速度に、レイシスも反応出来なかった。

・・・・僕らは、全員負けた・・・ただ、1人の男に。

~・・~

went『・・・・なんだよ・・・この強さ!!
・・・こいつ・・・あり得ないくらい、強いっ!!』

オリオン『・・・じゃあ、僕の使命を手伝ってもらうよ・・・・wentさん達にもね。』

・・・続く
  1. 2014/06/16(月) 21:30:18 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

キター!畑先生!神様!ありがとう!

ヨッシャー!ヤッター!
キターーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!アーたん!!!

これを見たとき、肘をぶつけました
結構痛かったです。でも、そんな痛みも快感に感じる!(殴

本編では見られなかったアーたんの水着!
しかもカラー!畑先生、奇跡とサプライズをありがとう!

赤面でしかも水着に靴
たまりません。これは買いですね。五枚ほど

最後にもう一度!
ヨッシャー!アーたん!キター!
  1. 2014/06/18(水) 20:19:42 |
  2. URL |
  3. シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

※注意
この話も前の話も全て実話です
嘘偽りはほとんどありません
あるとしたら私がイケメンって事ぐらいですwww

第10話
『とらぶる縛り、もうネタがない』

二日目の旅館
(今回は男女別部屋)

部屋に入る私達

1号「オーっ。」

部屋には布団が敷かれていた

2号「俺、窓際ー!」

長身「俺、真ん中ー!」

バカ二人が布団にダイブする
あー。せっかく綺麗に敷いてあったのに

キャプテン「お前ら少しは自重しろ」

1号「夜になっても元気だね」

2号「よし!遊ぼうぜ!モンハンしょうぜ!人生ゲームやろうぜ!」

テンション高い!

長身「マリカーやろうぜ!マリオパーティやろうぜ!」

マリオから離れなさい!

とりあえず、ゲームをやりました

長身「あっ!俺のスター返せ!」

2号「お前、俺の回復アイテム!」

1号「終わりだよ」

キャプテン「……勝負にならないな」

シライシ「(チート)」

結果

1位、キャプテン
2位、1号
3位、シライシ
4位、2号
5位、長身

……2位以上が強すぎる

キャプテン「さて、そろそろ寝るか。」

キャプテンがいいところで終わらせました(勝ち逃げ)

2号「待て、まだやる事があるだろう。」

長身「歯磨きならしたよ」

2号「バカ野郎。寝る前にやる事と言ったら恋バナだろ」

またかよ!

長身「オヤスミ」

キャプテン「早く寝ろよ。明日も早いんだから」

1号「良い夢よ」

シライシ「お疲れ。」

2号「ねー。恋バナしようよー!」

キャプテン「俺はマドンナが好きだ。以上」

1号「愛されるよりも愛したい。以上」

長身「冷やし中華始めました。以上」

シライシ「眠いから。以上」

2号「何だよ。つまんねー」

2号が枕を長身に投げる

長身「アイタ。何すんだよ」

長身が枕を2号に投げる

2号「イテ。コノヤロー。」

また、枕を投げる

長身「っ!」

長身も枕を投げる

キャプテン「何やってんだか。」

1号「元気だねー」

2号と長身「エイ!」

2号と長身が投げた枕がキャプテンと1号にあたる

2号と長身「あ……」

あー。やっちゃったなー。おい
私、知らねぇー

キャプテン「イイだろう。」

1号「覚悟はいいかい?」

キャプテンと1号が枕を持って構える
……やっぱり、こうなるのね

女性部屋

彼女「鮮やかに恋してにんじゃりばんばんなんだかにんじゃりばんばん」

これにはツッコミません

マドンナ「それで皆。好きな人のどう言うところが好きなの?」

4人「!」

委員長さん「普段はナンパばかりしているけど本当は純粋で……カッコイイ所///」

※そのカッコイイ人

2号「2号スペシャル!」

ただ、枕を避けるだけ
後、避けられてないし

ボケ女「私は紳士的な態度もそうだけど……不意打ちに弱くてたまに照れる所///」

※不意打ちに弱い人

1号「1号&3号」

1号がカッコよく枕を投げる
……3号!?

ツッコミ女「天然な所とバスケしている所と大胆な所と……挙げたらキリがないわ///」

※キリがない人

長身「これで決まりだ!長身投げ!」

……ただ、枕を投げるだけ

マドンナ「私は……全部!」

※全部な人

キャプテン「キャプテン……何とか」

何もボケを思いつかなかったらしい

2号「!?」

2号に枕が当たる

「キャプテン何とか」は命中率が高い

彼女「私は……特にない」

え……
※ない人

2号「ほら、シライシも何かボケろ!」

シライシ「え!?」

何か振られた!

シライシ「……デラックスシライシ!」

どうだ!私の渾身のボケは!?

長身「面白くない」

お前に言われたくない!

2号「なんで無理にボケようとするかな?」

お前が振ったんだろう!

戻って

マドンナ「なるほど、皆、それぞれの想いがあるのねー。」

3人「///」

彼女「(眠い)」

マドンナ「でも、皆、何で告白しないの?」

3人「!」

ツッコミ女「無理無理無理無理無理!///」

ボケ女「身がもたない!///」

委員長さん「///」

彼女「(限界)」

マドンナ「でも、いつかやらないと……誰かに取られちゃうよ?」

3人「!」

彼女「(オヤスミ。)」

マドンナ「それでもいいの?」

委員長さん「それはイヤです!」

ボケ女「ダメ!」

ツッコミ女「イヤや!」

彼女「……。」

マドンナ「そう。(そう言う気持ちはちゃんと持っているみたいね。)だったら!」

マドンナが立ち上がる!

3人「?」

彼女「Zzz。」

マドンナ「告白するわよ!」

3人「!?///」

彼女「Zzz」

委員長さん「!///」

ツッコミ女「そ、そんな急に……///」

ボケ女「こ、心の準備が///」

マドンナ「何を言っているのよ!そんな弱気でどうするのよ!」

彼女「Zzz……シライシー。結婚はハワイがいいよー」

マドンナ「女なら!面と向かって!そして気持ちを込めて告白するの!」

マドンナさんが力説する

委員長さん「!」

ボケ女「オーっ」

ツッコミ女「迫力あるな。」

彼女「Zzz。シライシ。そっちは崖だよー」

マドンナ「いい!?私が今からお手本を見せるから……キャプテン!私はずっと前から貴方の事が好きでした!私と付き合ってください!」

キャプテン「マドンナー。」

キャプテンが不意に女性部屋をノックする

マドンナ「!?///」

キャプテン「入るぞ。」

キャプテンが女性部屋を開ける

キャプテン「ちょっと明日について話があるんだが……。」

マドンナ「///はい?」

キャプテン「明日はこの時間帯に出るんだよな?」

マドンナ「う、うん。そうだよ///」

キャプテン「そうか……分かった。」

キャプテンが女性部屋から出ていこうとする

マドンナ「(良かった。どうやら告白は聞かれてないみたい。)」

キャプテン「それとマドンナ。告白はあまり大声でやるな。他の人に聞かれたらどうするんだ。(こっちも恥ずかしい///)それと俺達、もう付き合ってるだろ?……まっ、俺もお前の事が大好きだけどな」

キャプテンがマドンナさんの頭を撫でて部屋から出ていく

マドンナ「///」

マドンナさん。放心状態

マドンナ「うー///」

マドンナさんが布団に潜る

マドンナ「キャプテン。嫌い!(大好き)」

委員長さん「……寝ようか。」

ツッコミ女「うん。」

ボケ女「オヤスミ。」

彼女「シライシ。ライオンに食べられちゃう」

次回予告!

シライシVS彼女
白黒つけようぜ!
  1. 2014/06/18(水) 20:22:35 |
  2. URL |
  3. シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

コメント失礼します。


アーたんの水着姿は映えますね♪
同じ水着姿で赤面でも千桜とは違う良さがあります。
もちろん私は千桜の方が良いですが(笑)
あのちょうどいいサイズのむn(殴
ではなく、やはり千桜の赤面は特別です!


あと先日の院試験の結果ですが、無事合格しました!
これで安心して千桜の水着姿を眺めることができます(笑)

>>シライシさん
アーたんの水着が見られてよかったですね♪

  1. 2014/06/20(金) 00:03:56 |
  2. URL |
  3. tetuo #X3teYAec
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenbaseball.blog84.fc2.com/tb.php/653-bcf7115d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)