春風よ、吹け

第450話「応募してね」

こんばんは。けんむろです。

今日は水曜日。
早速ハヤテ感想にまいりましょう。
久しぶりの水曜日更新です!


今週のハヤテのごとく!は祝450回!!
巻頭カラーです!!

表紙はヒナギク・マリア・ナギの三人です。
元祖トップ3のキャラクターですね。

おいおい、サンデーさん。
表紙でハヤテのごとく!を執事漫画の「日本代表」とか書いたら、他の執事漫画を愛する腐女子の方々が怒ってしまいますよ。

さて、早速内容へ。
カラーページではもはやお決まりの一コマ目にナギが叫ぶシーン。
今回は何やらアンケートに答えて、中古のゲームがもらえるとか。

しかもその理由が畑先生がもう使わないし、邪魔だからあげようということ。
いや、ネタとしては面白いですね~
ネタとしては…………………
……………………………本当にやるの!?

という訳で、今週のサンデーはアンケートに答えると畑先生のもう使わなくて処分に困っている中古ゲームなどが抽選で当たります。
当選発表は発送を持って代えさせていただくそうです。

気になったのはこのアンケートの内容。
「好きなキャラクター」
「好きなセリフ」
「好きなシーン」
があること。

これはこのアンケートを使ってランキングを作ったり、今後の展開に何か影響したりするのでしょうか。
そうなのであれば、抽選の当たりはずれ関係なく、わたくしも送りたいなと思います。
もちろん千桜に清き一票を投じて、好きなセリフ、シーンも千桜づくしですがね。

そして扉絵。
………正直、この扉絵の意図が分かりません!
せっかくのカラーページ扉絵なのに。
メイドを出すなら、千桜を出してくださいよ!
人気キャラで固めたいなら、ルカやアーたんを出してくださいよ!
なんで、サキと泉という人選なのですか!!
(千桜が描かれなかったことへの八つ当たりなのでスルーしてください)

さて、本編ですが、軽く紹介して終わりにしたいと思います。
いつものことですが、本編を詳しく振り返るならこんなブログよりもっと素晴らしいブログがありますし、このブログは千桜が出てきた時にじっくりと語りますから(何

今週は普通にストーリーの続きでしたね。
450回なので、また番外編を挟んでくると思ったのですが。

今週のアーとんは凄い言われよう。
でも全て的を射てますよ(ぇ

思い出して欲しいというアーたんの気持ちと、思い出せないイクサのすれ違いが描かれていましたね。
しかし記憶を思い出させる方法として、もう少し何かあったのでは?(笑)

今週はこの辺で。

皆さん!アンケートの「好きなキャラクター」の欄では「春風千桜」と書いて、千桜を応援してください!
わたくしも一票投じようと思います。

それでは失礼致します。

スポンサーサイト
  1. 2014/05/21(水) 23:41:41|
  2. ハヤテ感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5
<<第451話「カレー大好き」 | ホーム | 第449話「101回目くらいのプロポーズ」>>

コメント

感想

【物語アリス編】については、まだ、しばらく、待っていて下さい。
・・・・・・今は、少し書く時間が無い・・・。
新キャラも登場予定。
名前だけ、ネタバレ。
新キャラの名前・・・それは、【リリー】・・・。
名前から、分かる通り・・・【女の子】ですww。
流石に、もうキャラの名前が、思い付かなくなってきてるww
・・・・敵か、味方かは・・・秘密ですww。

今週の一言【・・・兄弟で、似た様な状況に陥ってたんだ・・・。(弟は、言い逃れできない。)】

今週は、これ。
・・・・まぁ、確かにあんな状況なら、誤解するのも、無理無いけど・・・・もう少し、話聞いてあげようよww。
・・・というか、もし犯人なら、自分から、わざわざ、話しかけないだろww。

・・・・アテネに、そんな事いうと・・・【シライシ】さんが、きっと・・・【覚醒】してしまいますよww

【覚醒シライシ】さんが、・・・・あの、イクサとの【戦闘力の差】をどう埋めるのか、楽しみです。
・・・イクサさんは、真のキングミダスを倒せる位強いわけですからね・・・・。
・・・生半可な能力アップでは、勝てませんよ。

・・・・・今週は、これくらいかな・・・。

・・・アンケートか・・・まぁ、無難に【図書カード】選ぶかな~・・・
だって、【PS3】持ってますしww置場所が・・・。

・・・・当然、自分は【ルカ】選びますよ。
・・・好きなシーンもセリフもハヤテとの出会いのシーン・・・・なのですが?
・・・・あれが、自分がルカを好きになったキッカケですからね・・・・どうしようもないww

・・・応募するなら・・・ですがww。
  1. 2014/05/23(金) 21:19:08 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

イクサー!

祝!ハヤテのごとく!祝450回!!
おめでとうございます!

アンケートで中古か図書カード
よし。私は中古を選ぶぜ!
そしてアンケート内容は勿論、アーたん!

何で扉絵、サキと泉なんだろう。
確かにメイドなら千桜を出してもいいはずなのに……

さて、今回の感想は……
兄さん。何気にスゲー。強すぎでしょう
ハンマーを壊すなんて
さすが、ハヤテの兄さん

>・・・・アテネに、そんな事いうと・・・【シライシ】さんが、きっと・・・【覚醒】してしまいますよww

イヤだなー。wentさん。私がそんな事ぐらいで覚醒するわけわけないでしょう……

……シライシ覚醒

イクサー!貴様、よくもアーたんに向かって!許さん!覚悟しろ!
※その後、シライシを見たものは誰もいないという

いや、無理でしょ。どうやってイクサ兄さんに勝てと?
ハヤテのごとくの中でもイクサは別格でしょう
でも、さすがに警察には手を出さないんだwww

10分!?
たったの10分!?
そんな、10分でアリスちゃんに戻っちゃうのかよ
まだ、ハヤテとイチャイチャしてないじゃないか!

「ありがとう」って…言いたかったんだから…
今回はアーたんのこの言葉にやられました
私からも言わせてください。ありがとう。イクサ
アーたんを救ってくれて
  1. 2014/05/24(土) 21:24:39 |
  2. URL |
  3. 覚醒シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

続き

※注意
この話も前の話も全て実話です
嘘偽りはほとんどありません
あるとしたら私がイケメンって事ぐらいですwww

※今回の話はちょっとだけえっちぃです

第9話
「女湯。キャッハー!(あれ?選択肢に⑤ってあったけ?)」

女湯

彼女「オーっ」

彼女がタオルも巻かずに堂々と風呂場に現れる

ツッコミ女「(勇ましいな。)」

彼女「フゥー。」

彼女が静かに温泉に入る

彼女「アーッ。」

彼女がおっさんみたいに声を出す

彼女「ハァー。いい湯だねー」

ツッコミ女も温泉に入る

ツッコミ女「せやなー」

彼女「ハァー。溶けちゃうよー」

ツッコミ女「体の疲れが取れるわー」

ボケ女「……。」

一足先に入っていたボケ女

ボケ女「……。」

ボケ女がジーッとツッコミ女を見る

ツッコミ女「?どないしたん?」

ボケ女「また、胸、大きくなった。」

ツッコミ女「?///」

彼女「なんだと?」

ツッコミ女「?そ、そうかなー?」

ボケ女「CからDにランクアップした」

彼女「なんだと?」

ツッコミ女「!?」

ボケ女「女の子は恋をすると可愛くなるとは聞いたことあるけどまさか、胸が大きくなるなんて……」

彼女「なんだと?」

お前はなんだとしか言えないのか

ツッコミ女「そ、そんな恋なんて///」

ツッコミ女が照れる

ボケ女「裏切り者。」

彼女「ズルい。分けて。」

ボケ女「とりあえず、半分頂戴。」

ツッコミ女「分けられるか!」

ボケ女と彼女「……。」

二人がジーッとツッコミ女の胸を見る

ツッコミ女「そ、そんなに分けて欲しかったらあの人にでも分けてもらい!」

ツッコミ女が視線を変える

どたぷーん

三人の視線の先には

マドンナ「んー。いいお湯ねー」

スタイル抜群のマドンナさん!

ボケ女「な!?」

彼女「なんだと!?」

ツッコミ女「(けど、ホンマにデカイな。)」

マドンナ「ウフフー。」

ボケ女「ま、負けた。」

彼女「姉と同等。いや、もしかしたらそれ以上!?」

ツッコミ女「(普段、何食べてんのやろ?)」

マドンナ「?どうしたの?3人とも?」

マドンナが三人に近づく

ボケ女「どうしたらそんなに大きくなるんですか!?」

彼女「教えて!それがダメなら分けて!」

ボケ女と彼女が直球に聞く

ツッコミ女「(やっぱり、恋すると大きくなるのかな)」

マドンナ「!もしかしてこれ?」

マドンナさんが胸を強調する

ボケ女と彼女「くっ!」

ボケ女と彼女が悔しがる!

マドンナ「悪いけどこれはキャプテンのものだから誰にも分けられないの。ゴメンネ。」

ツッコミ女「?キャプテンの?」

マドンナ「そう。キャプテン。この胸、大好きなの……それに毎日、揉んでくれるから///」

三人「!?」

爆弾発言!

男湯

キャプテン「!?」

1号「?どうしたの。キャプテン。」

キャプテン「い、いや。何か寒気が……。」

戻って

女湯

彼女「なんだと?」

ボケ女「揉まれることにより大きさが増すだと?」

ツッコミ女「(嘘やろ。)」

マドンナ「キャプテンがまた、テクニシャンなのよ///」

彼女「よし。私も揉んでもらおう。」

ボケ女「私も。」

止めなさい

ツッコミ女「(少しぐらいなら……)」

マドンナ「ふっ。まっ、頑張りなさい。」

マドンナさんはどこか余裕があった
だが、その余裕もすぐに消えた
何故なら……

委員長さん「……わー。広いなー。」

最終兵器がやってきたからだ!

委員長さん「皆さん。遅れてスミマセン。着替えに手間取って」

どたぷーん(10倍)
圧巻の大きさ!

4人「……。」

委員長さん「?皆さん?」

ボケ女「上には上がいた」

マドンナ「くっ。(負けた)」

ツッコミ女「(デカいわー。)」

彼女「なんだと?」

ちなみにとある部位の大きさランキング

委員長さん F
マドンナ E
ツッコミ女C→D
彼女B
ボケ女A

格差社会

委員長さん「?」

委員長さんが四人に近づく

マドンナ「……。」

マドンナさんがじっと委員長さんを見つめる

委員長さん「?何か?」

マドンナ「委員長。ちょっと胸、揉ませて。」

マドンナさんが腕を振る

委員長さん「!?///」

委員長さんが後ずさる

マドンナ「ボケ女。」

ボケ女「はい。」

ボケ女が委員長さんを押さえる

委員長さん「!?///ボケさん!?///」

ボケ女「……。」

マドンナ「にひひ。」

マドンナさんが委員長さんに近づき委員長さんの胸を揉む

委員長さん「///あっ。っあ……らっあめー。っ///」

マドンナ「!このー。本当に大きいー!」

ボケ女「!私も揉む。」

ボケ女も一緒になって揉む

委員長さん「ちょ、らめあっ。っあ///」

ツッコミ女「……。」

彼女「……Cぐらいにはなりたい。」

一方の男湯

2号「よし!長身号!出陣!」

長身「オーっ」

長身に肩車された2号が隣の女湯を覗こうとする

2号「よし、後はバスケで鍛えた脚力を使えば……。」

バスケに謝れ

長身「……あ。」

長身がバランスを崩す

2号「……え」

2号が崩れ落ちる

長身と2号「!?」

長身号崩壊

シライシ「静かに風呂に入ることが出来るんのか!お前らは!」

キャプテン「……。」

キャプテンが小刻みに震える

1号「?どうしたの?」

キャプテン「い、いやなんでもない。」

次回予告!
女湯の戦いはまだまだ続くよ!(続かないよ)
次回はシライシと彼女の戦い!
  1. 2014/05/24(土) 21:26:04 |
  2. URL |
  3. 覚醒シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

気になったことまとめ

気になったこと

>キャプテンさん、一体何をやったんだ………

話し合いという名の脅し

>おぉ、お風呂シーンではないですか!
>サービスシーンですね。

キャッハー!

>2号さんに主人公補正があれば、覗いた時にラッキースケベに出会いそうですが、皆さんから殺されそうですよね…………
>2号さんも委員長さんの裸を見る勇気もないですか!?
>2号さん、大丈夫ですか!?(オイ

後で覗こうとしました
でも……まさか、あんな悲劇が……

>見たい順ですか。
>⑤女湯の様子→④→③→①→②ですね!

あれー?
選択肢に⑤ってあったっけ?
……あった事にしておこう!(マテ

>そして脳コメが冬アニだという衝撃の事実。

え!?

>そんな、副キャプテンも大変ですよ!
>みんなから慕われてますよ!

ちなみに副キャプテンに指名された理由は未だ不明

>千桜~~~~~~!!!!!!(ただ叫んだだけです。気にしないでください)

アーたん~~~~~~!!!!!!(ただ叫んだだけです。気にしないでください)

>ちょうど1ヶ月でアーたんが元に戻ったら、何かをプレゼント!!………するかも?

まさかの10分だった
  1. 2014/05/24(土) 21:27:16 |
  2. URL |
  3. 覚醒シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

番外編 アリス編 『混乱』

世界を救った真の英雄は、この世界に最初から、存在しない事となった。

・・・世界を救ったのは、『私』という事となっていた。

・・・・私は、1週間位・・・悲しんでいた。

・・・けれど、それじゃあダメだ。
お兄様は・・・・最後に、こう言っていました。
【この世界の事は、お前に任せる】と。
私は・・・世界を守るために・・・再び歩き始めないといけないのですから・・・。

・・・私は、とりあえず、『サイトタウン』に、行く事にした・・・。

・・・そして、町に着いた。

・・・ただ、どうしてだろう・・・・町の人に注目されてる気がする・・・。

・・・とりあえず、私は・・・アイテムを補充しようと、思い・・・道具屋にいってみた。

男『・・・いらっしゃ・・・・・。
なんだ・・・また・・・道具を奪いに来たのか!?』

・・・・何を言ってるのだ?
・・・この人は。

『・・・・何を言ってるのですか?
・・・そもそも、私、ここに来た覚えが無いのですが・・・』

男『・・・嘘を言うなよ。
・・・昨日、うちの売り物を買っておいて、お金を払わずに、帰っていっただろう?
・・・だから、あんたに売る売り物なんか、無い。
帰ってくれ。』

『・・・?だから、何を言ってるですか?』

男『・・・あんた、指名手配されてるだろ?
・・・逃げなくて良いのか?・・・・あぁ、そうか。
逃げる必要も無い位・・・強いもんな?』

・・・・・一体、私に、何が・・・!?

・・・・しかし、このまま、ここにいても・・・どうしようも無い。
・・・真犯人を突き止めてやります。

・・・外に行った時、そこには、wentさんたち・・・【救済】のメンバーがいた。

went『・・・・アリスさん。
・・・あなたは、本当に、悪い事をしたのですか?
・・・僕には、とてもそうは、思えない。
それに・・・できれば、あなたとは、戦いたくありません。
・・・・本当の事を教えてくれますか?』

・・・・私は、本当に、何も知らない。
・・・だから、話した。

went『・・・つまり・・・』

・・・その時、連絡がくる。
他の町にも、アリスが現れた。
と。

・・・・・そこは、近くにある町だった。

だから、私達は・・・・犯人を見つけられた。

・・・・そこにいたのは、紛れもなく・・・【私】だった。

アリス『・・・・あなたは?』

偽アリス『・・・ふふっ。これは・・・運が悪い。
・・・まさか、本人が現れるなんてね。
・・・・そうですね・・・まぁ、この町を滅ぼしちゃえば・・・問題ありませんかね?』

・・・・そして、私の偽物は・・・【無詠唱】で【エターナルフォースブリザード】を使った。
・・・・つまり、私と同じ事が出来る様だ。

・・・・こっちも、使い、相殺した。

アリス『・・・あなたは・・・・何者?』

偽アリス『・・・自己紹介が遅れました。』

・・・・そうして、姿が変わる。

???『私の名前は、リリー。
・・・ダークエンペラーの一員です。
・・・どうやら、あなたたちは、私達の計画の邪魔になりそうですね。
・・・・ここで、あなたたちを始末しちゃいましょうか。』

・・・・ダークエンペラーの・・・・残党。らしい。

went『・・・この風を受けると良い。』

・・・漆黒の旋風。
動きを止める風。

リリー『・・・・私に、【異能】は、効きませんよ?』

・・・・確かに、効いて無い様だ。

went『・・・なら、この剣で・・・!!』

wentさんは、剣を抜き、
・・・・斬ろうとするも・・・

リリー『剣?・・・何言ってるのですか?
・・・あなたが、持ってるのって、新聞紙じゃないですか?』

・・・・!!
・・・今、何が・・・?
・・・私には、【剣】が【新聞紙】に変わった様にしか・・・!!

アリス『・・・・まさか・・・あなたの異能は・・・』

・・・・私に、成りきれる事と・・・さっきの現象を考えると・・・・考えられる能力は、1つしか無い。

アリス『・・・【変身能力】・・・・!!』

リリー『・・・その通りだよ。
私の異能は、【トランス】。
・・・自分自身が変身したり、物を変化させる事の出来る・・・・強力な異能。
・・・さらに、変身した時は、変身した物と完全に同じ能力を持つ事が出来る。』

・・・・・強すぎる。
こんなの、私でも勝てるかどうか・・・。

リリー『・・・さぁ、世界を救った英雄達よ。私と戦いましょう。
私が・・・・あなたたちを始末して、私達、ダークエンペラーが・・・この世界を滅ぼすのです。』

続く!!

(・・・まさかの読者としての感想)↓

・・・アリスちゃん、引き込もってたんだ・・・・。
まぁ、分からないでも無いけどww。

・・・・アリスちゃんが指名手配!?
・・・なんで・・・?

・・・【救済】登場。
・・・・っていうか、wentさん・・・秘宝集めはww。

・・・真犯人登場。
・・・まさか、アリスちゃん自身だと・・・。

・・・なんだ、ただの新キャラか。
・・・まぁ、アリスちゃんもいるし・・・・・・・!!
・・・この娘・・・・いきなり、町を氷づけにしようとしやがった!!

・・・アリスちゃん、流石ww。

・・・異能の無効果・・・だと。

・・・新聞紙?・・・wentさん、なぜ・・!?

・・・【トランス】・・・・強すぎww

・・・・・これは、世界が終わる【BADEND】直行フラグじゃないかなぁ・・・・?

・・・くっ・・・・なんで、こんなときにハリスさんがいないんだっ!!

・・・あのチートお兄様がいれば・・・!!

・・・・っていうか、リリーちやん・・・ダークエンペラーの残党かよww。

・・・・続いちゃうんだ!?

以上、読者としての感想でした。
  1. 2014/05/25(日) 17:19:00 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenbaseball.blog84.fc2.com/tb.php/643-44418e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今週のハヤテのごとく!第450話

第450話「応募してね」 はいはいはい! 祝☆450回!! というわけで、サンデー表紙! あっ、マリアさん生きてた。 というわけでお前ら、畑センセの邪魔になったものステキなプレゼントに応募しようぜ! まぁ、そんなこんなで、ハヤテのごとく!第450話。 ネタバレ注意で、このあとすぐ! ハヤテのごとく! 41 (少年サンデーコミックス)(2...
  1. 2014/05/22(木) 20:35:50 |
  2. 非日常に憧れて