FC2ブログ

春風よ、吹け

第446話「ラブコメのコメ抜き」

こんばんは。けんむろです。

今日は水曜日。
早速ハヤテ感想にまいりましょう。

といっても、千桜の出番は回想の一コマだけなので簡潔に。

扉絵はアーたん。
やはりアーたんは水着姿が栄えますね。
どこぞの生徒会長とは違いますね!(何のアニメかは言っていない)

ここで本日の午前10時頃の畑先生のつぶやきを見てみましょう。

「もっと水着とか描きたいです。」

書いとるやん!
あ、もっとということですか。

ていうか、千桜が水着を買いに行った話はどうなったのですか!←まだ諦めていない

今回はヒナギク回でしたね。
ハヤテにおんぶされながら、ハヤテ持ち前の天然ジゴロにやられたヒナギク
ここであの千桜の助言の本来の意味に気づきます。

そして素直になろうとしたら、ハヤテの首を絞めてしまいました。
結果的に自分の首を絞めてしまったのですね(笑)

果たしてこれからヒナギクは自分の気持ちを伝えることができるのか!?
そして、アーたんに忍び寄る影の正体は!?
来週に期待です!!

でも、前者は多分伝えることができないです!

それでは失礼致します。
スポンサーサイト



  1. 2014/04/09(水) 23:48:28|
  2. ハヤテ感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7
<<番外編「インベスターY」 | ホーム | けんむろ的好きなキャラクターランキング〈2014年冬アニメ(総合結果)〉>>

コメント

感想

今週の一言
『至急、爆弾を用意するんだっ!!』

・・・いや・・・まぁ、いつもどおりですよねww。

・・・あれ?今回の話に・・・けんむろさん(の分身)・・・登場してましたか?

・・・まぁ、あのメンバーが相手なら、霊でも、倒せそうですけどねww

・・・・カレーって、作るの大変なんですね~・・・(遠い目)。

・・・・きっと、最後に、出てたのは、シライシさんの分身でしょう・・・・・ということは、犯人・・・?
  1. 2014/04/11(金) 13:39:53 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

救済編 第1話『破滅への序章』

・・・地球防衛戦から、3年が経つ・・・・。

ハリス『・・・・もう・・・駄目だ・・・僕には・・・破壊神カオスを・・・押さえる事が・・・』

・・・僕は、『破壊神カオス』をこの身に、封印している。
・・・今までは、なんとか押さえてこれた・・・しかし、最近・・・カオスの力が、強まっている様だ・・・

アリス『・・・お兄様っ!!大丈夫ですか!?』

ハリス『・・・アリスか・・・ちょうど良い・・・。
アリス・・・お前に、頼みがある。』

アリス『・・・なんですか?』

ハリス『・・・僕を・・・光の粒子にしてくれ。・・・僕の意識が・・・あるうちに・・・。』

・・・そうすれば・・・僕と一緒に・・・カオスは、消滅するだろう。

アリス『・・・そんなこと、出来るわけありませんっ!!
・・・そうしたら・・・お兄様に・・・会えなくなりますから・・・』

ハリス『・・・頼む・・・世界を・・・・救う為なんだ・・・・』

アリス『・・・・・・それでも・・・・私には・・・・そんなこと・・・・。』

・・・・マズイ・・・・もう・・・意識が・・・・。

ハリス『アリス・・・・・早く、この場を・・・離れるんだ。』

・・・・・僕の意識は、そこで、途絶えた。

~アリス視点~

アリス『・・・お兄様?』

カオス『・・・・遂に・・・体をのっとる事に・・・成功した。』

・・・・この雰囲気は・・・・お兄様じゃ・・・無い。
お兄様は・・・こんな、悪意に、満ちた雰囲気は、・・・出さない。

アリス『・・・あなたは、カオス・・・ですか?
・・・お兄様を・・・どこへ・・・やった!!』

カオス『・・・お兄様?・・・ふん。
この体の持ち主の事か?
それなら、この俺が・・・のっとってやったよ。
ちょうど良い・・・・この力・・・試してやろうか。』

アリス『(・・・戦うしか!!
・・・けど、あいつの体は、お兄様のもの・・・・。
私には・・・お兄様を傷つけることなんて・・・・できない。)』

カオス『・・・どうした?・・・ 俺が、怖くて攻撃出来ないのか?』

そうじゃない・・・別に、怖いわけじゃない・・・・私は、ただ・・・お兄様を傷つけたく無いだけだ・・・。

カオス『・・・ふん。面白く無いな・・・。
そうだな・・・こういうのは、どうだ?』

・・・何を・・・。

カオス『・・・お前が、止めないなら・・・俺は、この世界を全て滅ぼす。
・・・そうだな・・・手始めに・・・都市を滅ぼそうか・・・。』

・・・・私が、止めないと・・・・世界が・・・!!
お兄様を傷つけるのは、嫌ですけど・・・・・こうなった以上・・・戦うしか無い・・・・。

アリス『・・・・させません。
そんなことは・・・私がっ!!』

・・・そして、私は・・・創造神【コスモス】を発動した。

カオス『・・・やっぱり、お前が・・・持ってたんだな・・・。
・・・だが、今の俺の力なら・・・創造神も・・・倒せる。』

・・・カオスは、【時間】を止める。

そして、アリスを攻撃する。

アリス『・・・ダメージを食らってる?
・・・・そうか・・・お兄様が持つ・・・【時間操作】か!!』

お兄様の能力も使えるのか・・・
・・・だとしたら、厄介だ・・・私だけじゃ・・・こいつは・・・倒せない。

・・・・なら、せめて・・・誰かの助けを・・・。

・・・・私は、【ダメージカット】を使い・・・
更に、身代わりを作りだし・・・戦いから・・・抜け出す。

~カオス視点~

あれから、10分・・・邪魔者は、排除した。

カオス『・・・これで、邪魔者は、いなくなった・・・!!
これからは・・・、俺の時代だっ!!
・・・さて・・・初めに・・・この世界の都市を滅ぼすとしようか・・・』

~アリス視点~

・・・なんとか、逃げれた・・・
けれど・・・お兄様の力は・・・味方だと、心強いけど・・・敵に、回ると・・・・勝てる気がしない・・・。

お兄様の使える能力は・・・【時間操作】・【異能の無効果】・【光のスピード】・・・・まず、勝てる気が、しない・・・。
・・・それが、世界の敵なのですから・・・。

went『・・・・都市ニールが、滅びた・・・?
・・・・まさか・・・もう、カオスが・・・?』

シャドウ『・・・そうとしか、考えられ無いな・・・。
・・・1日で、都市を滅ぼすなんて・・・普通じゃ考えられ無い・・・。』

went『・・・今の、僕らのギルドの人数は?』

シャドウ『・・・3000人・・・だな。』

went『・・・・これ以上、ギルドの強化は、無理か・・・。
仕方ない・・・可能性は、少ないけれど・・・カオスに、戦いを仕掛けよう

早く止めないと・・・世界が、終わるっ!!』

レイシス『世界を終焉へと、導くのは、私の役目なのに・・・・。
・・・これ以上、破壊神の・・・好きには、させられません。』

went『・・・あぁ、僕ら【救済】の名前に、かけて・・・破壊神は・・・僕らが、滅ぼす。』

・・・・・そういえば、最近・・・【世界平和】を掲げたギルドが、設立されたって噂を聞きましたね・・・。
まさか・・・wentさんが、ギルドリーダーとは、思いませんでしたが・・・。

メンバーも中々、高ランクの様ですしね・・・

【漆黒の剣士】・・・Aランクのシャドウに・・・
有名では、ありませんけど・・・【SSSランク】の【レイシス】・・・。

お兄様を傷つけるのは、嫌ですが・・・・けど、あいつは・・・・カオスは・・・お兄様の意識を飲み込んだ。

・・・もっと、許せない敵・・・【倒すべき相手】です。

アリス『・・・・久しぶりですね・・・。wentさん。』

went『アリスさんか。
・・・けど、どうして・・・ここに?
というか、なんで・・・そんなに、傷ついてるの・・・?』

アリス『・・・確認です。
wentさん達が・・・【救済】のメンバーですか?』

went『・・・あぁ。
今から、破壊神を倒しに、行く。』

アリス『・・・カオスは・・・お兄様の力を操れます。
・・・それでも、倒せるのですか?』

went『・・・問題無い。
こっちには、切り札がいる。』

アリス『・・・そうですか。
なら・・・私も、仲間に入れてもらいましょう。
その【救済】に。
・・・私1人では・・・・カオスは、倒せない様ですから。』

went『・・・仲間に、なってくれるのは、正直・・・心強いけど・・・けど・・・アリスさんは、ハリスと・・・戦えるの?』

アリス『・・・あれは、お兄様の姿をした、・・・世界共通の敵です。
・・・それに・・・世界が、終わるのなら、・・・私も立ち上がらないわけには、いけません。

・・・・もし、お兄様を光の粒子にしてしまったら・・・秘宝を集めて、お兄様を復活させるまでですよ。』

went『・・・・そういう事なら、分かった。
・・・カオスを止めに行こう。』

・・・・その時、空間が、歪んだ。

そして・・・・地球と繋がった。

went『・・・・カオス・・・まさか、地球も滅ぼすつもりなのか!?』

アリス『・・・・これは・・・・お兄様も、確かに、時空を繋げる事が、出来ましたね。
となると・・・・これは、宇宙の危機と言っても、過言では、ありませんよ。』

・・・・お兄様・・・・いえ、カオス!!。
あなたを・・・私の敵と認定します。

続く
  1. 2014/04/11(金) 14:43:18 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

救済編 第2話 『地球の命運』

went 『とりあえず・・・まず、地球の人の安全を確保する。
いつ、カオスが、地球を破壊するか分からないけど・・・地球の人の安全を確保するのが、先だろう。
シャドウ。
・・・地球の人を僕らのギルドに連れて来てくれ。』

シャドウ『・・・分かった。』

~様子は、高橋&恵編参照~

恵『・・・それで、その・・・破壊神を倒すための組織らしいですけど・・・私達も、一緒に、戦う事は、出来ないの?』

went『・・・この戦いは、危険なんだ・・・特殊な能力を持つ人でないと・・・破壊神と戦う事なんて・・・出来ません。
・・・それとも、あなたは・・・何か、異能を持ってるのですか?』

恵『・・私には、特殊な力なんて、持ってない・・・けど、地球の危機に、ただ・・・守ってもらう事しか出来ないなんて・・・そんなの・・・嫌。』

went『・・・この戦いは、本当に危険なんだ・・・悪いけど、その願いは、聞けない。』

・・・そういい、僕は、離れていく。

シャドウ『・・・リーダー・・・でも、どうするんだ?
・・・俺達だけで、破壊神と戦う事が・・・出来るのか?』

went『・・・・そうだね・・・一応、けんむろとレオンの力も借りようか。
・・・マジックフォンに、位置表示がある。』

???『・・・あんたが、【救済】のリーダーか?』

・・・たくさんの人が、いて・・・リーダー格っぽい、男が、話してきた。

went『えぇ。その通りですけど・・・あなたは?』

???『あぁ、すまねぇ。
俺は、アレックス。
・・・【アリスファンクラブ】のリーダーさ。
・・・俺らのメンバーの中で都市、ニールにいた3万人のメンバーが・・・カオスに、やられたんだ。
・・・それは、別に構わないんだが・・・なんでも、奴は、アリス様を傷つけたらしいじゃねーか。
アリス様を傷つけるとは・・・許せん。
たとえ・・・義兄様が相手だとしてもなっ!!
だから、俺らは、あんたらと協力をする。』

went『・・・そういう事なら、良いでしょう。』

・・・・そして、僕は、けんむろのもとへ向かった。

けんむろ『・・・おいおい、これは・・・どうなってるんだ?
・・・ここって、あの世界だろ?
・・・この洞窟・・・見覚えがある。』

went『・・・それは、こっちの世界で、破壊神カオスが、復活したから・・・地球と異世界が、繋がったんだ。』

けんむろ『・・・wentか・・・久しぶりだな。
・・・破壊神が復活って・・・どういう事だ?』

went『・・・そのままの意味さ。』

けんむろ『・・・そうか。
・・・でも、あの世界には・・・最強と名高い、ハリスがいるだろう。
・・・それに、アリスさんだって、いる。
・・・それでも、破壊神の復活を阻止出来なかったのか?』

went『・・・考えられうる限り・・・最悪の自体なんだ。
破壊神は、ハリスの力を自由に、操れるらしい。
・・・それで、僕の会った時に・・・アリスさんは・・・負傷していた。
最低でも、1時間は、戦えない。』

けんむろ『・・・おい、それは・・・最悪じゃないか。
・・・・・・・1つ確認したいんだが・・・・今、この世界とそっちの世界は、繋がってるんだよな?』

went『・・・えぇ。』

けんむろ『・・・ってことは、栞が・・・危ないって、事じゃねーか!!
・・・俺も、手伝う。
・・・俺も、破壊神と戦う。』

went『・・・いきましょう。』

・・・・そして、遂に・・・僕らは、カオスの前へ向かう事となる。


主力メンバーは・・・
僕(went)・シャドウ・レイシス・リンドウ・けんむろ・TOKI
・構成員4万人。

・・・最強の敵との戦いが・・・今、始まる。

続く
  1. 2014/04/13(日) 14:27:01 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

『ぷちます』というアニメには天使しかいない

どうも。お久しぶりです。
アーたん大好きクラブ会長兼千桜を応援したい会、副会長のシライシです

忙しい。忙しすぎる
何だ、この忙しさ
高校生ってこんなに忙しかったけ?

ハァー。もう、駄目だ。シンドい
疲れが……体中が痛い
ハヤテのごとくを見ても元気が……
扉絵……アーたん
……シライシ!復活!

いやー、この子の水着が見れるだけで後、半年は戦える!

感想としては……爆弾なら私が沢山、準備しました!

ヒナギクとハヤテのイチャイチャ。
うん。爆発して欲しい!

!?アリスちゃんに忍び寄る影!?
止めろ!アリスちゃんに手を出すな!
この子は俺のものだー!(マテ

>・・・・きっと、最後に、出てたのは、シライシさんの分身でしょう・・・・・ということは、犯人・・・?

!何故、分かった!?(オイ
その通り!アイツこそ、俺が送った分身!
第三の刺客!クギミヤ!
  1. 2014/04/19(土) 20:44:40 |
  2. URL |
  3. シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

>阪神で城があるって言ったら簡単じゃないですか!
>阪神→大阪か兵庫
>城→大阪(大阪城)か兵庫(姫路城)

!うっ。よくぞここまで見抜いた

>なん…………だと…………………
>近畿地方で首都とか矛盾してるし………
>教えてください!!

※首都じゃなくて首部です

答え

近畿地方→兵庫

阪神→阪神タイガース

城→姫路城

野球→阪神甲子園球場

首部→こうべ→神戸

もう、お分かりですね?

>そうですね~
>結婚できませんからね~(棒
>けれどみんなの前で堂々と言うシライシさん、マジイケメン。

……何で堂々と言っちゃったんだろう……

>委員長さん告白できるか!?
>……………ですよね~
>邪魔が入りますよね~
>本当に漫画みたいなタイミングですよね(笑)

女将さん「本当にゴメンなさい。」

キャプテン「気にしないでください。マドンナ。フォーメーションZだ。」

マドンナ「心得た。」

告白は続く
  1. 2014/04/19(土) 21:04:50 |
  2. URL |
  3. シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

続き

※注意
この話も前の話も全て実話です
嘘偽りはほとんどありません
あるとしたら私がイケメンって事ぐらいですwww

第七話
「七話繋がりで今回をナナにすれば良かった。今回はララ」



旅館

部屋は男女一緒
ただし、部屋はふすまを隔てた

彼女「シライシ。一緒に寝ようよ」

シライシ「寝ねえよ」

彼女「寝ようよー」

シライシ「今回はダメだ」

彼女「ケチ」

シライシ「ケチで結構」

彼女「ハゲ」

シライシ「ハゲてねぇよ!」

長身「そこは全力で否定するんだね」

マドンナ「ふすま、開けたら承知しないよ?」

キャプテン「了解」

マドンナ「もしもふすまを開けたらイタズラするわよ?」

キャプテン「はいはい。」

マドンナ「じゃ、明日も早いことだしおやすみ」

キャプテン「おやすみ」

男部屋

布団に入る私達

長身「おやすみー。」

キャプテン「おやすみ」

1号「おやすみなさい」

シライシ「おやすみー」

2号「あいや、しばし待たれよ!」

何だよ、こいつは年中無休で騒がしいな

2号「旅行の夜と言えば恋バナだろう!?」

4人「……。」

がたん!
隣が騒がしい

長身「えーっ。恋バナって何話せばいいの?」

シライシ「普通に好きな奴の事とかだろう?」

長身「……ツッコミ?」

がたん!
隣が更に激しくなった!

2号「ほぉー。長身君はツッコミ女が好きなのかい?」

長身「そのテンション、スゲー鬱陶しいんだけど。」

正論

2号「気にすんな。それでーツッコミのどう言う所が好きなの?」

長身「んー。……分かんない。気づいたら好きになってた」

1号「ちなみにその好きはライク?それもとラブ?」

長身「え?……それは勿論、ライクだよ。親友として大好きなんだよ。」

がたん!
何か、今、変な音がした!

2号「ハァー」

1号「長身。君はツッコミ女を異性として見たことがあるかい?」

2号「異性として?」

回想

ツッコミ女「長身。」

ツッコミ女「長身!お前なー!」

ツッコミ女「長身。しゅき」

回想終わり

長身「……分からない」

2号「分からないってお前……。」

長身「そう言うお前はどうなんだよ?委員長さんの事」

がた
静かに隣が動いた

2号「(この野郎!俺に振りやがったー!)そ、そりゃー、友達や」

何で関西弁?

長身「ホントー?」

長身が詰め寄る

2号「ほ、ホンマや」

長身「2号ってナンパばっかりしてるよねー」

2号「!それが何だよ?」

長身「別に。ただ、案外、ナンパすべき人は意外に近くにいると思うだけ」

長身ってこんなキャラだったけ!?

2号「!何だと!」

1号「確かに2号はいい加減、身を固めておくべきと思う」

2号「1号まで!」

長身「てか、2号は何でナンパするの?」

2号「ふっ。そんなの決まってるだろう」

2号が構える

2号「そこに可愛い、女の子がいるからだ!ナンパは俺の人生だ!」

2号が叫ぶ!

長身とシライシと1号「……。」

長身「……ちなみに1号の恋バナは?」

2号「(……あれ?)」

がたん!
また、動いた!

1号「今、ここで話す時ではない」

言わないつもりだ

長身「ボケ女」

1号「!」

反応した!
!隣も反応した!

1号「長身。」

長身「俺もちゃんと言った」

1号「どうしても言わなきゃいけないの?」

1号が長身を見る

長身「!それは……。」

シライシ「長身。人の想いは人それぞれ。無理に聞き出すのは……。」

1号「……好きだよ。」

長身「!」

隣が激しく動いた

長身「それはライク?ラブ?」

1号「ご想像にお任せするよ」

長身「!……分かった。」

2号「(1号。長身)お次はキャプテン」

キャプテン「うっ……うん!」

こいつ、寝てたな

2号「まぁ、どうせ、お前の好きな人は決まっているけどな」

キャプテン「うんうん。」

どうせ、あの人だろ

キャプテン「俺の好きな奴は」

……

キャプテン「イカロスと千桜と知弦と……挙げだらキリがないな。……まぁー、その子達に決まってんだろう」

えーっ!

マドンナ「そこは私でしょう!」

ふすま開けて入ってきたー!

マドンナ「何で……何でそこでイカロスや知弦って言っちゃうの!?私も千桜好きだけど!」

ツッコミ女「ちょ!マドンナ!」

マドンナ「あっ……」

キャプテン「(引っかかった)……イタズラ決定ー」

キャプテンが怪しく笑う

マドンナ「!」

キャプテン「ちょっと来い」

キャプテンがマドンナさんを何処かに連れて行く

マドンナ「うわー」

全員「……。」

委員長さん「あっ……お邪魔しました」

ボケ女「バイバイ」

ツッコミ女「ほ、ほな」

彼女「Zzz」

委員長さんが静かにふすまを閉める

2号「何だったんだ。今の」

長身「キャプテン。意地悪だな」

1号「うん。」

2号「さて、最後は……

1号「シライシ。」

!来た

2号「お前は彼女だろ」

シライシ「あぁ。」

長身「即答!」

2号「あの子のどんなところが好きなんだよ?」

シライシ「全部」

長身「へー」

2号「爆発しろよ」

シライシ「何で!?」

一方のキャプテン

キャプテン「こちょこちょの刑!」

マドンナ「アハハ///ご、ゴメンって!もう、の、覗かないから!ごめ、ゴメンって///!許してー///」

1日目終了

次回予告!

動物園行こうぜ!

アニメイト行こうぜ!

グルメ旅!
  1. 2014/04/19(土) 21:05:46 |
  2. URL |
  3. シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

>>シライシさん

コメントありがとうございます。

兵庫ですか~
良いところですよね~
友達が神大に行ったのでいろいろと聞いています。

まぁ堂々と言える程の仲ということでしょうか。

旅行の夜は恋バナですよね。
でもふすま一枚では内容がだだ漏れだったですよね。
それを加味した上でやったのですよね。

彼女さんだけ寝ているww

キャプテンさんとマドンナさん仲良いですね~

コメ返しが遅くなってすいませんでした。
もし次のコメントができているのならば、わたくしのコメ返しを待たずに書き込んでもいいですよ。
わたくしもいつコメ返しができるか分かりませんし………

それでは失礼致します。
  1. 2014/04/29(火) 21:51:04 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenbaseball.blog84.fc2.com/tb.php/638-a12680d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今週のハヤテのごとく!第446話

第446話「ラブコメのコメ抜き」 サンデーだけに日曜更新! ……ダメっすか? そうですか……。 ハヤテのごとく! 40 日めくりスクールカレンダー付き限定版 (少年サンデーコミックス)(2014/03/18)畑 健二郎商品詳細を見る ハヤテのごとく! 40 (少年サンデーコミックス)(2014/03/18)畑 健二郎商品詳細を見る
  1. 2014/04/13(日) 02:52:40 |
  2. 非日常に憧れて