春風よ、吹け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第444話「見て見て! 話数が凄い不吉! 見た人は呪われるよ☆」

こんばんは。けんむろです。

先日、「神のみぞ知るセカイ」が大好きな弟としたの会話。

けんむろ「そういえば、神のみって今、何編やっているの?」←わたくしは神のみはアニメ派なので原作は見ていない

弟「何編って…………強いて言えば、過去編かな。」←弟はサンデーで毎週見ている

けんむろ「ふ~ん、そこアニメ化しそう?」

弟「どうだろ………結構、尺が長いからね。」

けんむろ「そうなんだ。過去編、まだ終わりそうにないの?」

弟「うん!まったく終わりが見えない!!」

けんむろ「そうか~、そこもアニメ化なるといいな。」

弟「そうだね!」

2人「ハハハハハ……………」


という訳で、神のみぞ知るセカイが次巻の26巻が最終巻になりましたね。
アニメ派とはいえ、やはり好きな作品が終わってしまうのは悲しいですね…………

というか、これが分かった時、弟に「お前は何を見ているんだ!」と説教してやりたい気持ちでしたね(笑)


さて、今日は水曜日。
早速ハヤテ感想にまいりましょう。

先週、借用書に判子を押し、海の家を再建できなければ借金が増えることになったハヤテ。
そんな訳で、ハヤテはなりふり構っていられない様子。
虎鉄に海の家の造り直させたり。
ヒナギクとマリアにバニーガールの格好させ、客引きをやらせたり。
やっぱりヒナギクは却下したり。

千桜には!?
千桜には何をやらせるんだ!?

(管理人の妄想)

やはりここはメイドをやらせようとして、千桜もバレるのは恐いけど、基本可愛いものが好きだからメイドをしてみたくて、結局メイドをやることになって、でもバレないようにメガネをかけて髪を結んだままメイド服を着たものの、メイドをやるからにはしっかりやるということで、ハルのように元気良く接客をしてしまい、顔は千桜のままなのにはっちゃっけたハルの一面を見せてしまうというスキだらけなところをみんなに露呈して、我に帰って思わず赤面してしまう千桜が見たいです。

(管理人の妄想終了)

そして、気になったのが『兄が弟を愛しい』という言葉を聞いて、千桜が赤面しているシーン。
先週、こういうことを書いたばかりなのに、早速描写されちゃったよ!!


http://kenbaseball.blog84.fc2.com/blog-entry-628.html?sp


やっぱり千桜はそっちの気があるのですかね。
う~ん………
そして、何気にカユラも赤くなっていたけれど。

今週はこの辺で。

ヤバイ………
最近、千桜のことばかりでまともに原作感想をしていない気がする…………

それでは失礼致します。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/19(水) 18:53:39|
  2. ハヤテ感想
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:12
<<ハヤテのごとく!40巻購入レポ | ホーム | ハヤテのごとく!新作OVA制作決定!!>>

コメント

神のみぞ知るセカイ

今回、ハヤテが怖かったよー
ハヤテとイクサ、絶対に兄弟だよ

ヒナさんに対する態度
(仕方ないね。無いんだから)

千桜が腐女子……それはそれでありか(何

遂にアリスちゃんがアーたんに戻るのかい?
戻るのかい?戻ちゃうの(ry

千桜には看板娘をやって貰いましょう
とある海の家漫画ではツッコミだったし
け、決してイカ娘じゃないよ?

何気に赤面する顔は千桜が好きという私
理由?このブログを見てから価値観が変わりました!
  1. 2014/03/20(木) 21:55:04 |
  2. URL |
  3. シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

好みは人それぞれ

気になったこと

>とりあえず、40巻はアニメイト・ゲーマーズ・とらのあなでゲットしてきました。
>後でレポ記事を書くと思います。
>まぁ、予定は未定です(オイ

待っています

>長身さんにお聞きしたいのですが、どこでその情報を手に入れたのですか!?
>日曜日の段階では、その情報は広まってなかったと思うので………
>もし、そういう情報に敏感なサイトで見たのなら是非教えてください!!

今度、暇なときに聞いておきます

>毎週、咲を見る度に麻雀をしたくなる………
>これが性なのか……………

奇遇ですね。私も一緒です
麻雀。やりたい。でも、何故だろう
あの4人と麻雀をやると必ず、最初、負ける

>わたくしは新幹線に乗るときは、ラノベを持って行ったり、駅でサンデーかマガジンかジャンプを買っていったりして時間を潰したり、友達といるときは静かにトランプしたり、あるいは旅先ではしゃげるように眠って身体を充電しますね。

ラノベって何を持って行くんですか?(えっt(ry)
あっ、ジャンプも見るんですね
トランプは彼女が強いです
私は新幹線じゃあまり眠れませんね

>キャプテンさん、勉強するなんてさすがですね。
>わたくしもやったことがありますが、揺れたり、机がなんかやりづらかったりでなかなか集中できませんでした。

揺れるけど集中してやってる。
でも、マドンナさんが邪魔をして集中できない

>お婆さん、優しい。
>あと、マドンナさん!それ、ガールズトークの域を越えてる!!

え!?(もっと域を越える会話が出てきますよ)

>お婆さん、カップル発言でみんなを赤面させるとは………なかなかやりおる(何

中々の強者

>べ、別に、ToLOVEるがあると聞いて、みかんの話が出てきたからって、あのキャラクターを想像したりなんてしてませんよっ!(汗

次はピーチ

オマケ劇場
ハヤテのごとくを好きになったきっかけ

シライシ マリアさんを見たのをきっかけにハマり出す(アテネを見て更にハマる)
1号 5人の中でも一番、最初にハヤテのごとくを見始めた
2号 1号に勧められて見始めてハマる
長身 面白いかよく分からないが、載っているから見ている
キャプテン 不明

シライシの場合

シライシ「このメイドさん。可愛いな」

それから数巻後

シライシ「へー。ハヤテの……!?アーたん!?」

すぐに寝返った男

2号の場合

2号「ハヤテか。俺はあんまり、見ないな。」

1号「面白いから絶対見てよ。オススメ」

2号「そんな、執事の話が面白いわけないだろう」

一週間後

2号「全巻、揃えた」

マジですか!?

1号の場合

1号「ヒナさんの瞳に乾杯」

君は何を言っているんだ?

長身の場合

長身「ハヤテのごとくか……。」

1号「面白いよ」

長身「何か、この主人公、女々しいよね」

1号「!?」

2号「お前は何て事を言うんだ!」

長身「別にー。俺、ハヤテのごとくとかあんまり見ないし。」

2号「!お前ー!」

キャプテン「やめろ。2号。好みは人それぞれだ」

長身「そうそう」

長身はむしろハヤテのごとくは嫌いの部類でした

そうあのキャラが現れるまでは……

本屋

長身「……ハヤテか。1号といい、2号といい。こんなのどこがイイんだか……水蓮寺?」

長身「……!」

この時、長身に衝撃が走った!

長身「何、この子。可愛い……ルカ」

長身が何かを調べ出す

長身「アイドル。借金。へー。この子、苦労してるんだなー。恋の罠。大胆。へー」

数分後

長身「ルカか……」

翌日

長身「1号!」

1号「!何?」

長身「ルカが初めて出た巻って何巻!?」

1号「(急にどうしたんだろう)初めては……25巻だよ」

長身「25巻だね!分かった!」

それからしばらく経って

長身「1号」

1号「!長身」

長身「俺、ハヤテのごとく。全巻、集めた!」

1号「!?何だって!?」

長身「俺、ハヤテのごとく、なめてた。俺、これから心、入れ替えるよ!」

1号「!長身!」

1号と長身が固く握手する

こうして長身もハヤテのごとくが大好きになった

キャプテンの場合

ハヤテのごとく!cuties第9話を長身と見た時

キャプテン「……。」

千桜「スキとか二面性とかあったほうが、フジ子ちゃんみたいな魅力的な大人になれるんだよー!」

キャプテン「可愛いな」

千桜「作り笑顔かな」

キャプテン「うんうん」

千桜「安いのでいいんで、バーベキューを…………………カレーじゃなくて、ね」

キャプテン「うん!」

長身「キャプテンってほんと、千桜好きだよね」

キャプテン「あぁ。この子がいる限り、俺は生きてられる」

長身「大げさだよ。」

キャプテン「可愛いなー。つい、顔が緩んでしまう」

長身「もしも千桜がいなくなったらどうする?」

キャプテン「……」

長身「キャプテン?」

キャプテン「それは困る」

真顔で答えるキャプテン

※ちなみに何回も早送りと巻き戻しを繰り返していました

けんむろさんはいつから、ハヤテのごとくが好きだったんですか?
いつから千桜が好きだったのですか?
そして千桜はお好きですか?(何
  1. 2014/03/20(木) 21:56:25 |
  2. URL |
  3. シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

コメント

※注意
この話も前の話も全て実話です
嘘偽りはほとんどありません
あるとしたら私がイケメンって事ぐらいですwww

第二話
『モモ』

お婆ちゃんに色々と状況説明中

お婆ちゃん「なるほど、あの女の子達は片思い中なのかい?」

キャプテン「えぇ。そうなんですよ。あの、男、3人がどうしょうもなく鈍感で」

マドンナ「キャプテンが言うな」

同意

お婆ちゃん「へー」

委員長さん「?」

お婆ちゃんが委員長さんを見る

お婆ちゃん「貴女、綺麗ね」

委員長さん「!い、いえ。そんな」

お婆ちゃん「……貴女と2号さん、とてもお似合いだと思うのにねー。」

委員長さん「え?」

お婆ちゃん「美男美女のカップル。素敵よ」

委員長さん「そ、そうですか?」

お婆ちゃん「えぇ。」

委員長さん「///」

おっ。お婆ちゃん。いいぞ
どんどん言って

委員長さん「(お似合いか……)2号。」

委員長さんが2号を呼ぶ
ところが

委員長さん「?2号?」

2号がいない

長身「あっ。2号ならトイレ行ったよ」

委員長さん「……。」

報われないな!委員長さんって!
選手交代!

お婆ちゃん「貴男、大きいわね」

長身「そうかなー?」

お婆ちゃん「今、何センチあるの?」

長身「分からなーい。ここしばらく測ってないから」

お婆ちゃん「そうかい。」

長身「お婆ちゃん、小さくて可愛いー」

お婆ちゃん「おや、お世辞が上手いね」

長身「お世辞じゃないよー」

何か、和む

長身「あのねー、あれが友達のシライシであの小さいのが友達のキャプテン。寝てるのが友達の1号。んで、あそこにいる、可愛い子が親友のツッコミ」

長身が説明していく

お婆ちゃん「!あの子は親友なの?」

長身「うん。俺の大事な人なの。」

長身が答える

お婆ちゃん「……好きなのね。」

長身「うん。大好き。いつも一緒にいて心が温まる。笑顔になれる。俺、ツッコミの為なら何でも出来そうな気がする。」

ツッコミ女「///」

これ以上はツッコミさんの心が持たない!
選手交代!

1号「お婆さん。みかん。ありがとうございます」

1号、復活!(起きただけ)

お婆ちゃん「わざわざ起きてお礼を言うなんて。貴男、律儀ね」

1号「いえいえ、当然のことですよ。みかん、美味しかったです」

もう、食べたのかよ!(パート2)

お婆ちゃん「そうかい。それにしても貴男、男前ね」

1号「!ありがとうございます」

お婆ちゃん「それだけカッコイイとモテるでしょう?」

うん、モテるよ

1号「いえ、そこまで」

否定すんな

お婆ちゃん「あら。」

1号「確かに告白とかはされますが……そう言うのは断っているんです。」

へー

1号「……僕には心に決めた女性がいますから」

へー……え
何ー!?

キャプテン「!」

キャプテンが動揺する!

長身「!?」

長身がキャプテンの分のミカンを食べる!
おい!

2号「(ふぅー。スッキリした)」

2号、お帰り

ボケ女「!」

ボケ女がビックリする!

お婆ちゃん「貴男、一途なのね」

1号「実るかどうかは分かりませんが」

心に決めた女性!?

その後も色んな話をしました

2号、旅の途中でナンパする(失敗)
1号、お婆ちゃんの荷物を持つ
長身、お土産を買う(北海道で買え)
キャプテン、酔う
シライシ、つっこむ
ボケ女、きりたんぽ鍋が食べたい
ツッコミ女、ボケる
マドンナさん、キャプテンとイチャイチャする
彼女、私の上に座る
委員長さん、告白する

楽しかったな
お婆ちゃん。本当にいい人だった

そして駅を降りて

お婆ちゃん「ここでお別れね」

彼女「え!?お婆ちゃん。行っちゃうの!?」

お婆ちゃん「私はあっちだからね」

彼女「そんな……。」

彼女、寂しそう

彼女「!私、お婆ちゃんを送っていく!お世話になったし!」

彼女がお婆ちゃんの荷物を持つ

お婆ちゃん「!悪いわね。ありがとう。」

彼女「ううん。……行こう。お婆ちゃん」

彼女がお婆ちゃんと一緒に行く

数分後

お婆ちゃん「……ココまででいいよ。」

彼女「!……お婆ちゃん」

お婆ちゃん「これ持って行きなさい。」

お婆ちゃんが鞄から何かを取り出す

彼女「?」

手渡されたのは桃の缶詰

彼女「!」

彼女は桃の缶詰を手に入れた!

彼女のレベルが上がった!

彼女「お婆ちゃん……ありがとう。」

お婆ちゃん「こちらこそ、久しぶりに若い人と話が出来て楽しかったよ。ありがとう。彼氏さんといつまでも仲良くね」

彼女「うん。」

お婆ちゃんが去っていく

彼女「……あんな、お婆ちゃんになってみたい」

そうだな

彼女「シライシー。」

彼女が戻ってきた

シライシ「!お帰り。」

彼女「お婆ちゃん。送ってきた」

シライシ「そうか。ご苦労さん……!お前、その缶詰どうした?」

彼女「お婆ちゃんに貰ったの。」

シライシ「!そうか。ちゃんとお礼を言ったか?」

彼女「言ったよ。……早速、食べよう。」

早い!

彼女「シライシ、開けて!」

シライシ「いや、それ、缶切りないと開かないぞ」

彼女「……あっ。」

彼女のレベルが下がった!

次回予告!

遂に来ました!北海道!
  1. 2014/03/20(木) 21:57:04 |
  2. URL |
  3. シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

コメント失礼します♪

神のみぞ知るセカイは私も好きだったので終わってしまうのは寂しいです。
私もアニメしか見たことがなかったので最近漫画の方を読み始めたところだったんですがねぇ…

今週もけんむろさんは平常運転ですね(笑)
千桜への妄想が冴えてます♪
私はナギの言っていたイクサを協力的にするために挙げてきた色仕掛けを千桜がしてくれると妄想してます(笑)
  1. 2014/03/20(木) 23:52:21 |
  2. URL |
  3. tetuo #X3teYAec
  4. [ 編集 ]

感想

ちょっと、遅れましたが・・・感想を。

感想『千桜・・・やっぱり・・・』

・・・えぇ、予想通りの感想です。

ヒナギクでも 、客引き出来る・・・可能性は・・・あるんじゃないか?

・・・やっぱり、血は、争え無いのですね・・・まぁ、ハヤテさんにも、流れてるわけですがww。

(一応、書いておく・・・)
自分の場合、ハヤテを知ったのが、アニメ1期・・・それを、見て面白いと感じて・・・漫画を集めだし・・・はまっていったのだ・・・。
  1. 2014/03/22(土) 23:14:14 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

クイズっ!!

いきなりですが・・・問題を出します。
・・・シライシさんも、分かるのなら、答えて良いですよ。
まぁ、簡単だと思いますけどねww。

(問)次の話は、『ある曲の歌詞』を元に作成した物である。
・・・曲名を答えよ。


私は、友達と思っている男の子ダンテを好きになった。
ダンテと遊んでいる時が、一番楽しいと思える位・・・彼の事が、好きだ。
私には、『こんなに楽しい時が、いつまでも続くのだろう』という予感もある。
それに・・・ダンテとも『ずっと一緒に遊ぼう』と約束をしている。
けれど・・・私の心は、どこか怯えている見たいだ・・・
『1人じゃない・・・』そう信じたいのにな・・・。

私は、『彼の事を想い続ける・・・それだけで、幸せ』・・・だなんて、言えないよ・・・。

けれど・・・そんな、虚ろな自信を私が、背負っていても、彼は笑ってくれる。
そんな、彼の様子を見ていると・・・私も、勇気が出てくる。
もし・・・『好きです』その言葉1つで、君の世界を変えられるのなら・・・2つの恋は、進化する。
私は、・・・本当に、そう思ってるんだよ。
だって・・・巡らせた迷いが、見付けた答えは・・・いつも、君に導かれていたのだから・・・。
だから・・・私は、決めた。
たとえ・・・この想いを届ける覚悟が、様にならなかったとしても・・・私は、君に、素直に気持ちを伝えたい。


・・・以上が、『1番』です。

では・・・答えて下さい。
曲名が、分からなければ・・・作品名:○○でも良いです。

・・・ちなみに、もし・・・希望するなら、2番以降も書きますが・・・どうします?
・・・話は、作り終えてるので・・・。

・・・ついでに、感想もお願いします・・・本当に、難しいんですよ・・・歌詞を元に、話を作るって・・・。
  1. 2014/03/22(土) 23:32:52 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

>>シライシさん

コメントありがとうございます。
まとめてのコメ返しご了承ください。

たしかに千桜に看板娘をやってもらえばいいんじゃなイカ?

このブログの影響で千桜に対する価値観が良い方向に変わっていただけたのなら、それは非常に嬉しいです。

麻雀を始めたばかりの頃にやらかした赤面の失敗談。
ペンチャン待ちなのに、

けんむろ「ロン!平和のみ!」

友達「はい、チョンボ。2000、4000ね」

けんむろ「!?」

ラノベは生徒会の一存とぼくのゆうしゃしか読んだことがないのでそれを。
ジャンプは普段あまり読まないのですが、新幹線内は暇を持て余すのでペラペラと見る程度です。

わたくしも千桜のアニメのシーンは何回も巻き戻しと早送りを繰り返していました(笑)

わたくしは高校一年生の頃ですね。
サンデーをペラペラと見ていたら、よく覚えていないのですがなぜか惹かれたのですよね。
そして単行本を買い始めて、千桜初登場の12巻の時はなんとも思わなかったのですが、やはりメイドターンの話ですね。
今までハルだったのが、着替えて千桜に戻った時に、
(え!?この人とこの人って同じキャラクター!?)
と、何回も何回もそのページを見比べて、ギャップの素晴らしさに目覚めました(笑)
そこからハヤテや千桜関連のブログ様を見つけて、こうして千桜千桜言っているブログを始めたのがそれから3ヶ月後位のお話。

なぜか恋のキューピット役になっているお婆さん、やりおる。
こういう方は長生きなさりそうですよね。

長身さん、お土産買うのが早すぎるww
キャプテンさん、お酒は二十歳になってから!

いや、だから、トラブルがあって、桃をもらったからって、決して「ハーレム計画」のことなんて考えてないですよっ!

ていうか、蜜柑の次は桃って、これは絶対お婆さんT○LOVEるを知っていますよ!(何
老若男女に愛される作品だからな~、ToL○VEるは(ぇ

ついに着いた、北海道!
何が起こるのでしょうか!?

それでは失礼致します。
  1. 2014/03/23(日) 23:57:51 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

>>tetuoさん

コメントありがとうございます。

神のみのアニメは、作画も声優さんもストーリーも素晴らしかったので大好きだったのですがね………
特に三期までやって、長く続くコンテンツだと思っていたので本当に残念です…………

千桜への妄想が冴えてますか?
いや~それほどでも←褒めてない

い、色仕掛けを千桜がする………だと………?
よしそれでいこう(何

それでは失礼致します。
  1. 2014/03/24(月) 00:04:23 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

>>wentさん

コメントありがとうございます。
まとめてのコメ返しご了承ください。

あぁ、ハヤテの一期………
オタクのアニメだとか言って敬遠していた当時の自分をぶん殴ってやりたい!!

これって、中二病のオープニングですか?
「想い続けるだけで幸せなんて言えない」というところで気がつきました。
聴いた当初は一期のオープニングの方が良かったなと思っていたのに、今ではすっかり気に入っています(笑)

感想……というか、このクイズを作ろうと思った経緯を知りたいです。
感想としては………ダンテって誰ですか?

それでは失礼致します。
  1. 2014/03/24(月) 00:34:24 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

続き

※注意
この話も前の話も全て実話です
嘘偽りはほとんどありません
あるとしたら私がイケメンって事ぐらいですwww

第三話
『ユイー!』(ヤバイ、本当に何の意識もしていないのにとらぶってる(笑))

そして……北海道につきました(マテ
もっと旅の途中も書きたかったんですけど
(書くとキリがないので)
それにしても……いやー、つっこんだ(オイ

北海道

2号「北海道ー!キター!」

長身「早速、遊ぼー!」

キャプテン「待て。」

キャプテンが二人を捕まえる

2号「んだよ?これから羽を伸ばそうと思ったのに!」

長身「行かせてー」

キャプテン「一度、旅館に言って荷物置いて。手続きとかやって。それから遊ぶぞ」

本当に先生みたい

旅館

彼女「お邪魔します」

女将さん「いらっしゃいませ……これはこれはキャプテン様。お久しぶりです」

女将さんが頭を下げる

キャプテン「ご無沙汰しています。」

2号「!何だ、キャプテン。この旅館知っているのか?」

キャプテン「家族旅行や出張。そして遠出でよく利用しているんだ」

1号「(出張?)」

女将さん「キャプテン様。今日は10名の予約でしたよね?」

キャプテン「はい。」

女将さん「……あら?今日は友達とご旅行ですか?」

キャプテン「まぁー、一応。」

女将さん「そうですか。」

キャプテンが手続きをしてくれた

その後、女将さんが旅館を案内してくれた

女将さん「あちらが温泉であちらが大広間になります」

彼女「へー。」

ツッコミ女「綺麗なとこやね」

ボケ女「素敵」

マドンナ「すみませーん。」

女将さん「はい?」

マドンナ「ココって混浴ありますか?」

ブーっ!
貴女は何を聞いているんですか!?

女将さん「ございます」

答えなくていいです!
後、あるんですね!?

マドンナ「あるんだって。入ろ(ry」

キャプテン「入らねぇよ」

委員長さん「……///は、は」

は?

2号「ハレンチな!///」

おいー!
お前が言うのかよ!
後、照れながら言うな!

彼女「……?コテガワ?」

ユイー!

1号「ボケ女。」

ボケ女「!?///バカー///」

1号「……何で?」

名前を呼んだだけで怒られた1号

長身「へー。混浴かー。ツッコミ。いっしよに入る?」

ツッコミ女「!?アホー!///」

確信犯

その後、色んな説明を受け
荷物を置いて外に出ました



長身「俺、一番ー!」

2号「俺、二番ー!」

早速、はしゃぐ2人

彼女「凄い。銀世界だ」

シライシ「あぁー。」

ホント、真っ白で綺麗でした

1号「凄い。」

キャプテン「しかし、寒いな。」

マドンナ「そうだね。」

ボケ女「綺麗。」

ツッコミ女「!そうや!雪合戦やろうや。」

彼女「!やるー!」

彼女が雪玉を作ろうとする
ところが……

彼女「?うまくできない。」

ボケ女「?」

キャプテン「適度に液体の水分を含ませないと上手く作れないぞ。」

ボケ女「へー。」

彼女「仕方ない。中に石を入れて……」

止めて怪我しちゃう

2号「長身ー!」

長身「うぉー!」

この2人は早速、やってるよ

キャプテン「お前ら怪我しない程度にやれよ」

シライシ「あれ?キャプテンはやらないの?」

キャプテン「ちょっと疲れたから……休みたい。」

まぁ、ずっと皆を仕切ってたからな

キャプテン「ふぅー。年取ったか……。」

キャプテンが何かを言おうとした矢先
雪球がキャプテンにあたる

シライシ「あ……。」

マドンナ「命中。」

マドンナさんが可愛く舌を出して喜んでいた

キャプテン「……。」

キャプテンが何処かに行く

数分後

キャプテン「ただいま。」

シライシ「おかえ……り?」

キャプテンが大量の雪玉を持ってきた

キャプテン「覚悟はいいか?」

そして構える
狙いはマドンナさん

キャプテン「……。」

雪玉を投げた!
速!

2号「イテー!」

長身「ウォ!?」

2号と長身にあたる

キャプテン「ちっ。外れたか。」

何かヒートアップしてる!

キャプテン「次は逃がさねぇ。」

また、持つ

2号「今の感じ。キャプテンの野郎。本気だ。」

長身「てか、俺達が何をしたって言うんだよ?」

とばっちりですね

マドンナ「……。」

キャプテン「逃がさないぞ!」

キャプテンが投げる

マドンナ「甘い!」

マドンナさんが上手く避ける

マドンナ「今度はこっちの番!」

マドンナさんが雪玉を投げる!

キャプテン「!」

ヤバイ!これは当たる!

キャプテン「っ!」

キャプテンがマトリックスの如く避ける!
スゲー!
あ!でも、バランスを崩してひっくり返った!

キャプテン「っ」

気合で雪玉投げたー!

マドンナ「!?」

見事命中!

キャプテン「これで引き分けだな。」

マドンナ「意地っ張りー。」

2人が火花を散らす

キャプテン「覚悟しろ!」

マドンナ「上等!」

色んな意味で2人の世界に入ってるー!

一方の他の人たち

彼女「よいしょ。」

ボケ女「ん。」

ツッコミ女「はい。」

委員長さん「ありがと」

女性陣達は一生懸命、雪だるまを作っていた

2号「カマクラ、いつか作りたいな。」

長身「うん。」

雪玉を当てられたショックでテンションが下がった2人

キャプテン「好きだー!」

マドンナ「私もー!」

熱い戦いは続いていた

1号「……元気だね」

シライシ「あぁ。」

1号「あまり、熱くなら……」

1号が何かを言おうとしたら
キャプテンが投げた雪球が1号にあたる

キャプテン「……あっ。」

1号「……。」

ヤバイ予感

シライシ「1号?」

1号「……ハァ。」

1号が雪をはらい静かにため息を漏らす

1号「……上等だー!」

1号が怒ったー!

1号「覚悟しろ!」

1号がやる気出したー!

全員「!?」

次回予告!
戦!雪合戦だー!

マドンナ「勝った方が負けた方を自由にできる!」

負けられない戦い!

2号「どんな雪玉も俺が全て避けてやるぜ!」

長身「何回、投げても無駄だし!」

※この二人、早々にリタイヤします
  1. 2014/03/24(月) 20:11:22 |
  2. URL |
  3. シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

答え

ええ。正解です。
『VOICE』ですよww。

・・・まぁ、簡単ですよねww。
・・・特に、サビの部分に入ると、嫌でも、分かりますよねww。
作ろうと思ったのは、なんとなくですよ・・・
なんとなく、聴いてて、作ろう思っただけですね。
・・・本当は、EDも作りたかったのですが・・・・言葉が、難し過ぎて、断念ww。

・・・後、ダンテは、適当に作った名前ですね。
  1. 2014/03/25(火) 14:38:23 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

>>シライシさん

コメントありがとうございます。

出張!?
そこは盛大にツッコみましょうよ!!
ていうかよく北海道に行くのですね………

あれ?
そういえば、前におっしゃっていたら申し訳ないのですが、シライシさん方はどこにお住まいでしたっけ?

いや、シライシさん。
混浴は重要ポイントですよ(真顔

いや、だから、トラブルがあると聞いて、委員長さんが「ハレンチ」と言ったからって、こてなんとかさんを想像してませんよっ!(汗

雪玉に石を入れる。
ダメ絶対。

雪玉を強く固めて氷にする。
ダメ絶対。

雪を背中に直接入れる。
ダメ絶対。

(被害者が語る)

雪合戦のシーンは微笑ましいですね。

「勝った方が負けた方を自由にできる」

お約束!!

「※この二人、早々にリタイアします」

これには噴きましたww

それでは失礼致します。
  1. 2014/03/25(火) 23:49:34 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenbaseball.blog84.fc2.com/tb.php/632-5a0527d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今週のハヤテのごとく!第444話

第444話「見て見て! 話数が凄い不吉! 見た人は呪われるよ☆」 ふーん、じゃあ見ないわ。 ではまた…………。 ハヤテのごとく! 40 日めくりスクールカレンダー付き限定版 (少年サンデーコミックス)(2014/03/18)畑 健二郎商品詳細を見る ハヤテのごとく! 40 (少年サンデーコミックス)(2014/03/18)畑 健二郎商品詳細を見る
  1. 2014/03/19(水) 21:37:51 |
  2. 非日常に憧れて

ハヤテのごとく!感想 第444話「見て見て!話数が凄い不吉!見た人は呪われるよ☆」

どうもこんばんはTOKIです。 気がついたら虫歯になってたんで 明日歯医者行くんだけど...行きたくねえなぁ... やっぱいくつになっても歯医者は慣れん。 まあそんなことはともかく今週のハヤテのごとく!感想。 また厳しい条件を... 3日て。無茶言うなよ。 どんだけ鬼畜なんだこの兄貴。
  1. 2014/03/22(土) 19:13:15 |
  2. ~疾風の如く時を駆け抜けるうさぎ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。