FC2ブログ

春風よ、吹け

聖地が地元のアニメを見て

こんばんは。けんむろです。

冬アニが始まって1ヶ月が経とうとしてますね。
大体、今は3~4話ですかね?
先週はあまり見れませんでしたし、冬アニ自体もあまり見ることが出来てないですね。
でも、BS11さんとBSTBSさんがあれば大丈夫!
大体のアニメは見ることができちゃいます。
すごいですね、BS。

さて、今日取り上げたいのは、今期から放送を開始したアイドルアニメ「Wake Up, Girls!」(以下、WAG)です。

(ストーリーには関係ありませんが、場面の一シーンなどのネタバレを含みます)

実はこのアニメは、わたくしの住んでいる仙台を舞台としたアニメ。
新人のアイドルの成長を描いたアニメなので、ヒロイン達の声優も新人を使っているというアニメで、復興の意味合いも兼ねて作られたそうです。

宮城県が聖地として有名なアニメは「かんなぎ」や「戦国BASARA」などがありますが、わたくしはどちらも見たことがないので、これが初めてわたくしが見る宮城県を聖地にしたアニメなのです。

実際にこのアニメを見るときは少し緊張しましたね。
自分の知っているところは出るのだろうか。
どういう風にして、仙台が描かれるのか。
緊張というか、ワクワク感といった方が正しいですかね。

そして、1ヶ月このアニメを見てみて二つの相反する感想を持ちました。

一つ目は興奮ですね。
いや、本当に自分の知っているところがそのままアニメで描写されていますもん!
「あ!!これ、あそこだ!!」ってなりますよ(笑)

ヒロイン達がミニライブをした公園も、わたくし毎日そこの公園を通っていますから(笑)

ストーリー自体も楽しめるのですが、自分の知っている場所が出ることで別の楽しみもあり、見ている楽しみが増えたという他のアニメでは真似できないことがありますね。
やはり聖地が地元のアニメならではの楽しみなのかなと感じます。

そして、二つ目は不快感と心配ですね。
不快感というのは言い過ぎかもしれませんが、それに近いものがあります。

それは自分が知っている場所が出ることによって、皮肉にももたらされたことなのです。

具体的には、温泉の休憩室内でのシーン。
おじさん達が寝ていたり、ぼーっとしている場所に、ヒロイン達が水着で登場し、そのおじさん達がヒロイン達のおしりを触ったり、王様ゲームでキスをしようとする場面です。

実はこれもおそらくここをモデルにしているなと思いあたるふしがある温泉なのですが、そこには老若男女様々な方がいて、とても活気づいた場所であり、静かでおじさん達がたむろっている場所ではありません。

また、ガラの悪い男性がヒロイン達のマネージャーに喧嘩を売るシーン。
このシーンの場所もわたくしがいつも通っている通りなのです。
もしかしたらいるかもしれませんよ、そういうガラの悪い男性が。
でも少なくとも、わたくしはそこでそんな人を見たことがありませんし、仙台に昼間からそんな人はいないと思います。

もちろんそんなことをいちいち言っていたらキリがないですし、物語が制限されて面白味もなくなるということは重々承知しています。
しかし、全国に流れるこのアニメによって、仙台ってこんな場所なんだと誤解されないか心配なのです。

今までアニメをこんな視点で見たことはなかったのですが、やはり自分の知っている場所そして自分の住んでいる地域には特別な思い入れがあるのでしょうか。

自分の知っている場所が全国のアニメに流れる!と少し誇らしげな気持ちでしたが、それによって誤解を招くのではないかと心配してしまうというなんとも皮肉な結果だった訳です。

やはり聖地が地元のアニメを見ないと、こういう感情にはなれないとまざまざと思い知らされましたね。

でも興奮があるのも間違いなくて。
これからも、あ!ここ知っている!という地元民ならではの特権的な楽しみを感じながらアニメを楽しんでいきたいと思います(笑)

それでは失礼致します。
スポンサーサイト



  1. 2014/01/24(金) 23:34:48|
  2. ハヤテのごとく!以外のアニメの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第438話「あてんしょん ぷりーず」 | ホーム | 第437話「予定も予想も想像でしかない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenbaseball.blog84.fc2.com/tb.php/610-38ce024d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)