FC2ブログ

春風よ、吹け

発想の勝利

こんばんは。けんむろです。

先日、今月は買う本がたくさんあって困った~というような内容の記事を書いたのですが、早速その下準備として図書カードを買ってきました。
ご存知の方も多いと思いますが、アニメイトやゲーマーズなどのアニメ専門ショップは図書カードが使える店が多いのですよね。
だから、わたくしは買うものが多い時や高価なものを買うときは必ず金券ショップに行って、少しでも経費を浮かそうとしています。
まぁ、ちりも積もれば山となるですよ。

特に今月はハヤテも含め買うものが多いので、いつものように金券ショップで図書カードを買ってきました。

そして、昨日買いたいマンガが発売されていたことが判明。
早速買ってきました。

何の本かというと、皆さんは「こえでおしごと」という作品はご存知でしょうか。
紺野あずれ先生が描いており、女子高生がエロゲの声優をして……そのなんというか、赤面するマンガです。
先生曰わく、少年誌の健全なマンガなので小学生が読んでも大丈夫だそうです。(大丈夫かな?あれ………)

何を隠そう紺野先生がマンガを描く理由は女の子の赤面を描きたいからだそうです。
まさにわたくし得な方なのです!
どうすれば女の子を赤面させられるシチュエーションができるかと真剣に考えている変態な先生なのです。(褒め言葉)

そして考えたのは、女子高生にエロゲの声優をさせる前作の「こえでおしごと」だった訳ですね。

そして、「こえでおしごと」の最終巻が出てから、約半年。
昨日、待望の新刊が発売されたのです!

その作品名とは…………

「私立はかない学園」です!!

…………………んっ?
だから「私立はかない学園」ですってば。

どういうマンガかって?
それは………その……………全校生徒が穿いていないのですよ。
…………パンツを。

いや、わたくしも初めて聞いた時は吹きましたよ!
頭の悪いタイトルだな~と思いましたよ!!(褒め言葉)

紺野あずれ大先生曰わく、

最近、穿いていない設定が多いじゃないですか。
でも、そのキャラクター達は全然恥ずかしそうにしないのが不満なんだよな。
あれは穿いていないように見せているっていうことか。
じゃあ、いっそ穿いていない設定で描けばよくない?
そうすれば、女の子の赤面描き放題じゃん!!

とのことですww

紺野あずれ先生、ありがとうございます!!

早速読んでみましたが、相変わらずの赤面の多さでした(笑)
全校生徒がパンツを穿いていないとどのようなことが生じるか、面白おかしくニヤニヤできるマンガとなっております。
興味のある方は是非。

ちなみにわたくしはこのマンガのことを略称で「はかない」と呼んでいます。
※某友達が少ない作品とは一切関係ありません。

それでは失礼致します。
スポンサーサイト



  1. 2013/12/13(金) 23:54:57|
  2. ハヤテのごとく!以外のアニメの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<タイトルなしということにしておきましょう! | ホーム | 第433話「それはかつて金よりも価値があるとされた石」>>

コメント

コメント

私も早速、本を買いました。『星刻の竜騎士』←アニメ化決定!

『精霊使いの剣舞』

『魔弾の王と戦姫』

『魔法戦争』

『ノーゲーム・ノーライフ』

『機巧少女は傷つかない』

後、半分、以上あります

「こえでおしごと」はOVAを見たことがあります

「私立はかない学園」ですかー。
面白そうですね。ただ、設定は吹きました

紺野あずれ先生。凄い発想ですね

今度?(PG)に借りてみようかな

私のオススメは吉川英朗先生の「カガクなヤツら」です。
この漫画は健全なマンガでR‐18ではありません

その他、気になったこと

>自分の好きなキャラクターが特典になるのはやっぱりテンション上がりますよね~
>シライシさんの周りには好きなキャラクターがバラバラな方ばかりですが。

そうなんですよ。好みがバラバラで好きなアニメとかで口論することがあります

2号「お前、そらのおとしものとおまもりひまりの可愛さ、知ってんのか!?」

長身「そんな事、言ったらお前、みつどもえとかむろみさんを見たことあんのかよ!」

1号「生徒会役員共、それとハヤテは忘れちゃダメだよ。」

?(PG)「迷い猫……後、パパのいうことを聞きなさい。」

シライシ「とらぶるー!後、何かー!」

>今回ヒナギクが特典にないのはスケルトントランプのカバーにヒナギクを描き下ろした>からだそうですよ。
>1号さんにもお伝えください。

シライシ「だそうだ。」

1号「なるほど。」

1号も納得、早い

>誰が一番サンタコスが似合うかですか。
>普段そんなことしないような人がするのがいいのではないですか?(持論)

……クラウス?

>ポジションを言われてもよく分からないのですが、つまり………

>シライシさん→真帆
>1号さん→紗希
>2号さん→智花
>長身さん→愛莉
>???→ひなた

>って、ことですね?

大体、あってます(と言うかたまにポジションを変えたりします)

>たしかに。
>なんでアニメーションの製作会社をいちいち代えたのだろうか。
>個人的には二期が好きです。

自分は一期ですね。ただ、三期はどうした(作画とか内容)
後、天の声が無かったのは残念だった

>サンデーですか。
>わたくしが読んでいるのは、野球のマンガとサッカーのマンガとボクシングのマンガと>アイスホッケーのマンガとLINEのマンガ、そしてハヤテのごとく!
>スポーツばっかりww

金色のガッシュ!は私の青春でした

>次回のお話も楽しみにしていますよ。

登場人物紹介↓
  1. 2013/12/15(日) 20:48:24 |
  2. URL |
  3. シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

コメント


『夏祭り。委員長の恋と2号の想い』の巻!

登場人物

サンデー軍団(2号命名)
サンデーを純粋に愛している軍団

シライシ
この物語のツッコミ兼ツッコミ役
タンスの角に小指をぶつけた時の痛みをよく知る人物
意外に不幸体質。だけど彼女の笑顔を見る度に回復する
好きなサンデーの漫画は今も昔も変わらず『金色のガッシュ!』
好きなTo LOVEるのキャラは『金色の闇』

2号
この物語の暴風
座右の銘は『ナンパは生きて行く上で必要な事だ』←酸素と同じですか
意外にウブなところもある
好きなサンデーの漫画は『競泳!!!!!!!!』
好きなTo LOVEるのキャラは『御門涼子』

1号
この物語のモテ男
怒ると私や2号や長身でも中々、止められない(キャプテンなら止められる)
バスケ部でも一番、モテる
好きなサンデーの漫画は『ハヤテのごとく』
好きなTo LOVEるのキャラは『古手川唯』

長身
この物語の主人公?
2号とはアニメや漫画の事でのライバル
1号とは昔からの付き合い。バスケの事となると好戦的
好きなサンデーの漫画は『絶対可憐チルドレン』
好きなTo LOVEるのキャラは『西連寺春菜』


この物語の弄られ役
リア充で彼女持ち
弄られてはいるがバスケになると鬼の様に強い
好きなサンデーの漫画は今も昔も変わらず『メジャー』
好きなTo LOVEるのキャラは『結城美柑』

マガジン軍団
サンデーよりマガジン派の人達の集まり

チャラ男
好きなマガジンの漫画は『はじめの一歩』

ハンサム
好きなマガジンの漫画は『ダイヤのA』

屋台の人
好きなマガジンの漫画は『エリアの騎士』

メガネ君
好きなマガジンの漫画は『七つの大罪』

モブキャラ
好きなマガジンの漫画は『フェアリーテイル』
  1. 2013/12/15(日) 20:49:14 |
  2. URL |
  3. シライシ #ogEFJAfc
  4. [ 編集 ]

感想

金券・・・ですか。
いいですね~・・・・自分はルカ狙い・・・なので、SSSであるアニメイトでハヤテを買うので、ポイントカードが使えるww・・・・確か、1000P以上残ってるから・・・問題無いはず。

・・・どうしても、という時は・・・・1週間遅らせるww。

サンデーVSマガジン・・・戦争の開幕ですね・・・・。
  1. 2013/12/16(月) 20:23:38 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

第22話 『零の障壁』

始まりは、『た』

あらすじ
ドレイクに会うも、苦戦する『けんむろ』達・・・シライシからの頼みで、wentとアリスを呼びに行く事になった。

・・・例え、wentとアリスといっても・・・あのモンスターを倒せるのか?・・・けど、今は・・・呼びに行くしか無い!!

そうして、俺は・・・サイトタウンに到着した。

けんむろ『went・・・大変な事が起こった。』

went『・・・前線部隊に何かありましたか・・・?』

けんむろ『・・・あぁ。ドレイク・・・隊長に会ったんだが・・・そいつの召喚したモンスターに俺たちじゃかなわないんだ!!だから・・・went・アリス・・・こっちに、来て欲しい!!』

アリス『・・・向こうには、シライシさんにライトさんまでいます。・・・まず、負ける事は無いと思うのですが・・・』

けんむろ『・・・それが、そいつの出して来たモンスターに全くダメージを与えられ無いんだ・・・!!
ドレイク曰く・・・SSSランクでも、ダメージを与えられ無いほど、耐久力が高いらしい。』

アリス『・・・ダメージを与えられ無い・・・?・・・おかしいですね。シライシさんの持つ武器【ガードブレイカー】 の能力なら・・・ダメージを与えられるはずですよ・・・?』

went『・・・けんむろ。もしかして、そのモンスターの名前は・・・【ホワイトドラゴン零】・・・じゃ無いか?』

けんむろ『・・・ああ。その通りだ。』

アリス『・・・【ホワイトドラゴン零】・・・・それ・・・Rランクのモンスターですよ・・・。』

けんむろ『Rランク!?・・・・もしかして、SSSランクより、強いモンスターなのか・・・?』

アリス『・・・ええ。RランクのRは・・・【レジェンド】のRです。
・・・もし、そうなら・・・ダメージを与えられ無いのは、あの能力・・・のせいですね。』

けんむろ『・・・あの能力・・・?』

アリス『・・・【ホワイトドラゴン零】の【ユニークスキル】・・・つまり、固有能力の事です。
その能力の名前は・・・【零の障壁】・・・・【全てのダメージを0にする】という能力です。』

けんむろ『・・・そんなの・・・2人にも、勝てないんじゃ・・・。』

アリス『・・・いえ、wentさんの持つ、あの技なら・・・撃ち破れます。・・・wentさん・・・あの技を・・・今日は、まだ使ってませんよね?』

went『ええ。・・・念のため、使って無いです。・・・2つとも。』

アリス『・・・なら、勝てますね。・・・【マガツキュウビ】は・・・ぎりぎりまで、使わないで下さいね・・・・【マガツキュウビ】は、最後の切り札ですから。』


勝てるの!?・・・ダメージを0にするっていうチート能力に・・・・。

アリス『・・・でも、町の守りは・・・そうですねぇ・・・wentさん・・・『ソードフォックス』を200体程出して下さい。』

went『・・・ええ。わかりました。
出てきてください。【ソードフォックス】!!』

そういって・・・200体召喚した。

went『1体に【達意の言】を。・・・ソード。・・・北門と南門にそれぞれ100体ずつ行ってくれ。・・・・そうして、町を守るんだ・・・・!!・・・あと、TOKIにちゃんと、伝えておいてくれよ。・・・ソード。』

ソード『・・・分かってます。ご主人。・・・俺たちが、町を守ってみせます。・・・また、TOKiに会えて、そして、話せるなんて・・・俺は、嬉しいです。』

・・・なん・・・だと。
モンスターがしゃべってる!?

アリス『・・・一々、驚いてたらいけませんよ。これが、【達意の言】の能力なのですから・・・・・それは、モンスターが喋れるようになるという能力です。』

・・・いるかなぁ?その能力・・・。

アリス『・・・では、向かいましょう!!皆さんを助けに・・・!!
・・・【ペガサス】!!出てきて。』

そうして、アリスは、ペガサスを召喚した。

アリス『皆さん、急ぎましょう。このペガサスに乗って向かいます。』

そういって、みんな乗っていき・・・・ついに、ドレイクの元へ辿り着いたのだ。

続く
  1. 2013/12/16(月) 21:21:56 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

第23話 『秘策』

続けて更新します。

始まりは『だ』

あらすじ
went達を呼んできた。けんむろ。
そして・・・ついに、始まる闘い。
・・・どうなる!?けんむろ!!

ドレイク『誰だ・・・そいつら?・・・いまさら、増援なんて・・・無意味なんだよ!!こいつらも排除しろ・・・【ホワイトドラゴン零】!!』

そういって、白い炎を吐いてきた。

アリス『・・・そんな技で、私達を倒せる・・・と?』

アリスは、【ダメージカット】を使った。
アリス達に0ダメージ。

ドレイク『・・・笑えるな・・・せいぜい、時間稼ぎしかできねぇとは、なぁ・・・!!』

went『・・・シライシ・ライト君・栞さん・・・皆無事か?』

シライシ『・・・ああ。なんとかな・・・俺が【アトラクト】であいつの攻撃をひきつけて、栞さんが回復・・・・MPが無くなったら・・・俺の持つMP回復薬を渡す事を繰り返して・・・今のところ、みんな無事だ・・・。
ちなみに、ライトは・・・万が一、やられたときのためのリザレクション要員として待機させてる。・・・お前らが来たなら、もう勝てるな。』

栞『・・・・怖いです。あのモンスター・・・全く、ダメージを与えられなくて・・・。
・・・なので、回復に回ってます。』

ライト『・・・あなたは、まだ良いよな・・・栞さん。僕は、出番が無くて・・暇なのによ!!』

シライシ『・・・いや、無い方が良いだろう?出番・・・。 』

アリス『・・・皆さん、あいつを倒します。・・・シライシさん・・・あの技は、残してますか・・・?』

シライシ『・・・アリスさんが俺に聞いてくるなんて、珍しいな・・・。
ああ、大丈夫だ。・・・というか、あの技の出番・・・あるのか?』

アリス『・・・確実に倒すために使います。
では、・・・私達の反逆の始まりです。
wentさん。まず・・・あいつの動きを・・・!!』

went『・・・分かってますよ。
【漆黒の旋風】!!』

そうして、黒い風が・・・ドラゴンの動きを止めた。

ドレイク『・・・何!?・・・お前・・・まさか、・・・【黒き夜の魔王】・・・wentか。
・・・だが、残念だったなぁ・・・お前でも・・・こいつには、勝てねぇよ!!』

went『・・・ふふっ。それは、どうでしょうかねぇ・・・・。
・・・まず、強化を。
【アタックフォース】【ドリームフォース】!!』

力がみなぎってくる。

went達のA・SAが2倍になった。

アリス『ええ。では、私も・・・』

さらに、力がみなぎる。

ドレイク『・・・・いくら、強化しても、無駄なんだよ!!』

アリス『・・・では、wentさん。2つとも、使って・・・いいですよ。』

went『・・・行きます。【ゴットシール】!!』

ホワイトドラゴン零の周りに・・・奇妙な線が引かれた。

ドレイク『・・・?なんだ?そのわざ・・・』

went『・・・まだ、終わってません。【インフィニィティトライヴ】!!』

なんか・・・凄い力を感じる・・・!!*。

went『・・・・では、後は、頼みましたよ。シライシ。』

シライシ『・・・行くぜ!!【フォースレーザー】!!』

シライシの攻撃。
ホワイトドラゴン零に【3480万】のダメージ。
ホワイトドラゴン零を倒した。

ドレイク『・・・なん・・・だと。
おかしい、だろう・・・なんだよ・・・今の超ダメージは・・・!!。
こいつのHPは・・・500万もあったんだ・・・なのに・・・!!一撃とか・・・それ以前に・・・なんで、零の障壁が発動しなかった!!。』

went『・・・あなたに、教える筋合いは無いな・・・アリスさん。とどめを。』

アリス『・・・すみません。あなたを・・・倒します。』

周囲が凍った。

アリスの攻撃。
ドレイクに8万のダメージ。
ドレイクを倒した。

ドレイク『・・・おまえらは・・・もう。我ら【ダークエンペラー】 に狙われている。・・・また、あっちの世界で会おう・・・・。』

こうして、ドレイクは光の粒子になった。

けんむろ『・・・今の超ダメージ・・・本当に何なの・・・?』

went『・・・まず、僕のユニークスキル・・・【ゴットシール】は、【相手のユニークスキルをその戦いの間使えなく】します。
これで、【零の障壁】を封じました。
そして、【インフィニィティトライヴ】は・・・【その戦いの間味方全員のステータスを10倍】にする能力です。・・・これら、ユニークスキルは、1日に1回しか使えません。

そして、【ドリームフォース】・・・これは、全属性を付加させます。
それで、相手の弱点・・・闇属性をついて、2倍。アリスさんも使って。計4倍。
・・・さらには、【アタックフォース】・・・これで、さらにA・SAを2倍にしました。
・・・シライシさんの【エレメンタルフォース】・・・・それに、より、さらにシライシさんのみ2倍になってます。そして、決め手になったのは・・・シライシさんのユニークスキル・・・エレメンタルフォースの次なる段階でもあります。エレメンタルフォースを使わないと使えないユニークスキル・・・ですからね。
説明は・・・シライシさんお願いします。』

シライシ『・・・俺の【フォースレーザー】・・・こいつは、【味方全員の(A+SA)×2のダメージをB・SB無視で与える】というものです。』

went『・・・つまり、これで・・・【3480万ダメージ】という、ありえない数字を出したわけです。』

・・・凄すぎるだろ・・・それ。

went『・・・ダークエンペラーに狙われている・・・そこで、けんむろさん達を守るために僕から提案があります。
けんむろさんのチームとTOKIさんのチームに・・・僕とシライシ・・・がそれぞれに入るというものです。
そこで、どちらに入って欲しいか、けんむろさんが選んで下さい。』

続く

さて、ここで・・・【本当に】リアルけんむろさんに選んで貰います。
では・・・選択肢・・・どうぞ。

1:wentを仲間にする
2:シライシを仲間にする
3:どちらも、【仲間にしない】。
・・・選ぶまで、本編は・・・更新しません。
  1. 2013/12/16(月) 21:48:08 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

>>シライシさん

コメントありがとうございます。
まとめてのコメ返しご了承ください。

正直、夜空のメイドにはビックリしましたよ。
これで「お帰りなさいませ。ご主人様。」系だとかなりのギャップだったのですけどねww
真面目な話、今度みんなを集めて是非「ハヤテのごとく!ナンバー1メイドさんは誰だ!?大会」をやってほしいです。

シライシさん、すごく嬉しそうですね。
シライシ、とても強いですからね!
わたくしと同姓同名のキャラクターなんてEランクだし………←スネた

お、ラノベ中心に購入しましたね。

先生の発想には脱帽ですよ。
あの発想は年中「どうやったら女の子に赤面させられるか」と考えている変態の中の変態さんしか出ませんよ(何度も申しますが褒め言葉)

(PG)さん持っているのですかww

早速「カガクなやつら」をネットで試し読みしてみました。
正直な感想は、

えっちぃのはキライです←どの口が言う

冗談はさておき、………なんというか、もうスゴいですねww
全開ですねww
あのような雰囲気は嫌いじゃないですww
クール系なキャラクターが出てくると、わたくし的にも楽しめそうですが。(キャラクター重視)

わたくしの好きなキャラクター
そらおと→イカロス
みつどもえ→ひとは
迷い猫→希
パパ聞き→莱香さん

うん、わたくしって分かりやすい(笑)

たしかに天の声がなくなると、ちょっと物足りないですね。

シライシさん、ツッコンでしかいないww
あれ、痛いですよね。
わたくしも野球の試合の前日にぶつけて小指の爪がはがして、翌日の試合で監督から盗塁のサインが出たときはこの世の終わりを感じました。

ナンパは酸素と同じww

本当に誰なのですか!?
このわたくしと同じ美柑を選ぶ方は!?

ちなみにマガジンで現在読んでいるのは
・生徒会役員共
・君のいる町
・アホガール
の三本です。
(こちらはまさかのスポーツ漫画なし)

それでは失礼致します。
  1. 2013/12/16(月) 23:14:47 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

>>wentさん

コメントありがとうございます。
コメント、番外編、20~23話まとめてのコメ返しご了承ください。

そうですか~
ライトはこんなかたちでアリスに勝負を挑んだ訳ですね。
アリスの「帰ってほしい」には笑いましたww
でもたしかにランクを決められるという権利を持っていると、いろんな人から上げてくれ!と頼まれるのではないですか?

主人公って仲間を呼びに行く役なのですか?(笑)
大事な役には変わりないですが。

SSSランクのさらに上がいただと!?
そのランクはRランクですか。
レジェンドランク、いかにもカッコいい!
…………ん?
(これ……言っていいのかな………?)
レジェンドって、Lじゃ…………

ダメージを0にするとは、もう最強じゃないですか!?
だって無理でしょう!!

あれ!?倒せた!!
なんで!?←こういう世界観に全く慣れていないので、理解するのに数回読み直した

一つ一つの能力を組み合わせて、コンボをしてとてつもないダメージを生み出したということですか。

ダークエンペラーに狙われている………
少し怖いですね………

ここでwentからの提案!!
え!?wentさん!!
これ実際の人物とは関係ないのではないのですか!?

う~ん………
選びにくい…………
しかも、早く選ばないとwentさんが続きを書けない………

〈表向きの理由〉
仲間と手を取り合って敵に立ち向かうというのも大事ですが、弱い主人公が何度も挫折を味わいながら、最後は自分の力で成長してゆく。
これこそがジュブナイルの醍醐味ではないですく?

〈裏向きの理由〉
2人きりで栞とイチャイチャしていたい!!


という訳で③でお願いします。

それでは失礼致します。
  1. 2013/12/17(火) 00:10:24 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenbaseball.blog84.fc2.com/tb.php/592-4351f3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)