FC2ブログ

春風よ、吹け

ハヤテのごとく!第415話「どっちかを選べといわれても…」

こんばんは。けんむろです。

甲子園予選か始まっています。
もう甲子園行きの切符を手に入れた高校もあるみたいですね。
わたくしの母校は先日残念ながら負けてしまいました。

甲子園を目指している高校球児のみなさん。
わたくしも元高校球児として応援しています。


さて、今日は水曜日。
早速ハヤテ感想にまいりましょう。

はぁ~
…………いや、今物語の大事な時期を迎えているということは理解しているんですよ。
ルカはこれからどうなるのかとか、ハヤテとナギの絆はどうなるのかなど、見るところはたくさんあるのですが…………
話の本筋から脱線してはいけないということも分かっているのですが……………


…………………千桜が出てこない………………


いや、今はハヤテ・ルカサイドのお話なのでやむを得ないのは分かってますよ!
でも、さ~て今週の千桜はどうかな~?みたいなテンションでサンデーを開いた時、最後まで千桜出てこないという状態になったらテンション下がりますよ!!

いや、ミコノス編の時のことを思い出せば…………
あの時は本当に孤独だった……………

さて、若干凹んだところで今週の感想にまいりましょう。

まずは扉絵。
…………うん。
まぁ、受け取り方は個々人で違いますよね。

うわ、残念だ………と思う方もいらっしゃるだろうし、だがそこがいい!という方もいらっしゃるでしょう。
わたくし的には、うん!ヒナギクらしいな!といったところでしょうか。
千桜の水着はまだですか(殴

歩とヒナギクを差し置いての修羅場の続き。
泉の「ドロボウ猫!」発言から口火がきられます。

誤解されて、それを訂正しようとするところに理沙がいいタイミングで言葉を入れて、また誤解され、それを修正しようとするが、それが誤解を生む。
毎回、ハヤテのごとく!を読む度に思うのですが、日本語って便利だな~
使いようによればどんどん面白い方向に話を膨らませることができるではないですか。
まぁ、巧みに操ることが容易であるとは思いませんが。

ハヤテもタイミングの悪さはピカイチですね。
もう狙っているとしか思えないww

しかし、ハヤテが上手いなぁと思ったのは、

ルカ「私のどこが好き?」

ハヤテ「神様みたいだと思った」

ハヤテは好きって言ってませんからね!
ルカは赤面していますけれど。

結婚の約束はしたものの、やっぱり本命はアーたんなんだろうな。
今思ったのですが、好きな人が子供になるってどんな気持ちなのでしょう!?
本来、パニックですけどねww

そして、集マネージャーから電話がきて、ルカは「アイドル」をとるのか、「漫画」をとるのかの決断に迫られます。

というところで来週に続きます。

結局、ナギが起きた時間帯にルカはムラサキノヤカタにいたということは「漫画」をとったのですかね。
でも、時系列的に劇場版やアニメ三期ではルカはアイドル業をやっていたような。
……………来週に期待しましょう!

それでは失礼致します。

スポンサーサイト



  1. 2013/07/24(水) 23:48:57|
  2. ハヤテ感想
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:8
<<告知 | ホーム | 2013年夏アニの話>>

コメント

やっぱり、元気無いですね・・・まぁ、気持ちは、分かりますね・・・自分の好きなキャラが2週間くらい出てこなかったら・・・悲しいですよね。
1週間でも・・・出てこないと・・・悲しくなってくるのですから・・・。
恐らく、愛しているとまで・・・言えるレベルのキャラ愛・・・だと思うのですが・・・そこらへんはどうですか?
自分は、前宣言した通り、ルカへの愛は愛しているとまで言えてしまう境地なのですが・・・そこまで、行ってないなら・・・この境地には至らない方が良いと思いますよww。
・・・そこは、もう単行本の千桜が出る回を読みまくってエネルギーを蓄えるしか無いですよ!・・・正直、まだまだ、出番が無いような気がしますが・・・。

さて、今回の話ですが・・・あのシーンに繋がる、決定打が・・・まだ、見つからないのですよね・・・しばらく、様子見かなぁ・・・と。

アニメでは、アイドルを選んでましたが・・・アニメ版がifルートだった・・・という可能性も0では無いですからねぇ・・・。

後、壁より、ハヤテを殴りたいのは・・・言うまでも無い事・・・。

そういえば、葵先生の新作『ぼくのゆうしゃ』って買いましたか(もしくは、読んだか?)
自分は、買いましたよ・・・やっぱり、おもしろかったです。・・・『あとがき』は・・・いつも通りの量でしたよww・・・あとがきまで、楽しめるラノベなんて・・・そうそう無いですよね・・・結構、あとがきも楽しみにしてますww。

  1. 2013/07/26(金) 20:44:36 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

>>wentさん

コメントありがとうございます。

そうですね。
わたくしにとってハヤテの楽しみの半分は千桜の登場シーンですからね(それもどうかと…)
やはりテンションは下がりますね。

キャラ愛ですか………
どこまでが普通なのか定義するのが難しいところはありますが、もしよろしかったら、左側の月別アーカイブから二年前・三年前の8月30日(千桜の誕生日)の記事を見ていただけれると嬉しいです。
そこには、千桜への誕生日企画や、わたくしにとって千桜とはということをつらつらと書き記しているので。

そうですね。
まだ今回の話では決定打がないですね。
引き続き、様子をみましょう。

もういくら壁があっても足りませんよねww

わたくしは毎日ちょこちょこと読むタイプなので、生徒会の祝日は読み終わりましたが、ぼくのゆうしゃはまだ半分くらいですかね。
あとがきを楽しみすればするほど、葵先生が苦しみますよ!!
まぁ、わたくしも葵先生のあとがき大好きですけれどww

まだ半分しか読んでませんが、感想としては、ニヤニヤできる部分が少ないなと。
王道ファンタジーなのでしょうがないといえばしょうがないのですが、葵先生の作品というとやはり生徒会が印象強いので、それこそニヤニヤできる部分や思わず吹いてしまうようなネタがないのは、多少違和感を感じるというのが正直な感想ですね。
まぁ、これから一巻を読み、二巻も購入する予定なので、期待していきたいと思います。

それでは失礼致します。
  1. 2013/07/27(土) 00:01:08 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

記事を読んでみましたよ。
確かに・・・キャラ愛を感じました・・・。

ルカのした事を実行しようにも・・・無理なものばかりだし・・・下手したら、死ぬものばかりなんですが・・・?

まず、思い付くのが『オリジナルの同人誌を描く』・・・無理ですww描く能力なんて、ありませんww。

・『夜中の学校で自転車の練習』・・・・実際にしたら絶対に捕まりますww

・『学校の風呂に入る』・・・・学校に風呂なんて・・・無いし、入れるか!!

・『鉄骨で血を流す』・・・死にます!!絶対に。

・『女装した執事とカラオケ』・・・いねぇよ・・・女装した執事がいねぇよ・・・というか、そんな人種とカラオケに行きたくない・・・。

・『家の庭先で女装した人に告白する』・・・・無理です・・・いねぇよ・・・そんな相手、第一、ルカが1番だから・・・そんな相手存在しねぇ・・・。

・『トラックに引かれかける』・・・やるわけねぇ・・・多分、ハヤテは、助けにこねぇから・・・。

・『山小屋でプロポーズ』・・・馬鹿なのか・・・第一、山小屋を見つけれない・・・そして、何より、相手がいない。

・・・列挙してみたものの・・・無理なものばかりなのだが・・・?

自分のした中で1番『カオス』だったのは・・・・

・【お茶に『砂糖・塩・醤油』を入れて飲む】
・・・・凄いカオスな味がした・・・飲んでみたら、分かりますよ・・・凄い、まずいですから・・・。
どのくらいまずいかというと・・・・1口目から、吐き気が来る程度には・・・。

あぁ、醤油をコップ1杯飲めるなら・・・飲めるかも。

もう、飲みたくない一品です。
  1. 2013/07/27(土) 14:00:48 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

>>wentさん

コメントありがとうございます。

感じていただけましたか。
wentさんはルカの誕生日に何かなさるのですか?
今年も千桜の誕生日にむけて、いろいろと計画しているのでお楽しみに……

千桜も家が火事になったりと大変でしたが、ルカも真似しようとすると大変ですねww
まず設定が特殊すぎますからね。
ルカの行動の羅列には思わず吹いてしまいましたww

飲んだのですか!?
死んでしまいますよ!?
うん、想像しただけで不味そうです。

好きなキャラのために身体を張る。
その考え、嫌いじゃありませ(殴

それでは失礼致します。
  1. 2013/07/27(土) 23:21:00 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

今は、RPGツクール+をやってるのですが・・・めちゃくちゃ、時間がかかりそうww。
とりあえず、学校の屋上にラスボスの片割れ(魔法使い系)・3Fのモンスター地帯(最初のステージボス・攻撃重視の相手・守備力重視の相手)を抜けた先に、ラスボスの片割れ(戦士系)を設置してみたww
勝てるわけが無いww普通にHP:6万くらいありますしww。
・・・なんで、ラスボスが普通に学校にいるかは・・・気にしたら負けですww
この2人は、一時的に仲間になる2人で全ステータスMAXでLV99さらに、武器で2回行動全体攻撃という・・・相当な最強存在である・・・
つまり、ラスボスという事は、裏切られるというわけですねww

一番最初から出てくる仲間(友達という設定)も裏切る展開を作ろうと思っている

ちなみに、隔離されたエリアに行く方法は、『3Fの理科室の人体模型に触れる』ww・・・これ絶対に制作者しか気づかないww

まだ、最初のステージしか出来て無い・・・後、会話も考えなきゃ、いけないし・・・。

ちなみに、学校には、倒すと仲間になる人を2人設置してるww
  1. 2013/07/28(日) 13:43:42 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

>>wentさん 

コメントありがとうございます。

自分でRPGを作るゲームですか。
わたくしはあまりRPGをしないので基準がよく分かりませんが、とてつもなく大変そうですねww

でもゲームを作るというのは楽しそうですね!
作ったゲームを他の人にやってもらって、クリアされたら悔しいだろうし、なかなかクリアできなかったら作った甲斐がありそうですもんねww

是非ともwentさんのゲームやってみたいです(笑)

それでは失礼致します。
  1. 2013/07/29(月) 00:40:03 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

ええ・・・大変ですよ・・・武器・特技・防具・・・モンスター等、色々、作らないと、いけませんし・・・・今は、プレイ時間9hで、まだまだ色々作成しないといけませんしね・・・

冒険の始まりは・・・主人公(学生)とその友達が、町の近くの森にある誰も手に入れて無い宝を2人で探しに行く。という始まりです。

とりあえず、最初のステージでキーアイテム(ボスを倒した先にある宝箱)を手に入れた直後に、また、ボス戦(地面が揺れた後、雷とフラッシュが起きて宝の番人が出現する)があって・・・絶対に到達時点では、勝てないレベル(HP:5万くらい?)の相手ですねww。

まぁ、負けた後に、最強キャラの2人が助けに来て、一緒にそのボスを倒す・・・という展開です・・・まぁ、共闘じゃ無くても良いんですけどねwwむしろ、主人公が邪魔でしたww・・・。

テストプレイでは・・・その最強の仲間(設定は、伝説の勇者と伝説の魔法使い・・・・ちなみに、その2人は、兄と妹・・・主人公と同年代)が5ターン以内でそのボスを倒してたような気がしますが・・・強すぎるww
仲間に入った時点で2人ともレベル99でHP9万9801(最大値?)全ステータスMAXですからねww。

そりゃ・・・伝説って呼ばれますよねww

ちなみに2人の称号は兄が『光速の勇者』
妹が『伝説の魔法使い』ですからねw
w

得意技が
兄『光速の剣技』(相手全体に5000ダメージ)
妹が『最高位の魔法全般』です・・・

こいつらがラスボスとか・・・勝てる気がしないww
  1. 2013/07/29(月) 21:37:28 |
  2. URL |
  3. went #9DGgA7qQ
  4. [ 編集 ]

>>wentさん

コメントありがとうございます。

なるほど………
なかなか大変そうですね。

作ってみて初めて製作者側の苦労を知り、これからはよりゲームを楽しむことができそうですよね。

しかし聞けば聞くほど、難易度が高そうなゲームですねww

ゲームの完成が楽しみですね。

それでは失礼致します。
  1. 2013/07/30(火) 00:56:37 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenbaseball.blog84.fc2.com/tb.php/524-8465c3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今週のハヤテのごとく!第415話

第415話「どっちかを選べといわれても・・・」 コミックVタチバナの休憩室?住居スペース?が凍りつく・・・。 『何よこのドロボー猫ー!!』 コレを納めるスキルは、誰に
  1. 2013/07/25(木) 23:42:16 |
  2. 非日常に憧れて

ハヤテのごとく!感想 第415話「どっちかを選べといわれても...」

どうもこんばんはTOKIです。 いやぁ...素晴らしい絶壁ですね(マテ まあともかく今週のハヤテのごとく!感想。 ルカVS泉 後半戦 ハヤテのごとく!線 快速・修羅場行きが発車
  1. 2013/07/26(金) 18:38:22 |
  2. ~疾風の如く時を駆け抜けるうさぎ~