FC2ブログ

春風よ、吹け

春風千桜誕生日記念企画~その2~「千桜(ハル)と同じことをしてみた」

こんばんは。けんむろです。

千桜、お誕生日おめでとう!!(何度目?)

今日は千桜ファンにとっては熱かったですね。

という訳で、本日二度目の更新です。
千桜誕生日企画、第2弾です。

題して、「千桜(ハル)と同じことをしてみた」です。
まぁ、題名通りです。

今まで、千桜がやってきた数々のことを厳選して、それを実際にけんむろがやってみようという企画です。
…………バカなことしてるな~と思うかもしれませんが、付き合ってあげてください。


そして、厳選な審査の結果、以下の千桜が行った(と思える)四つの事柄を実行することに決めました。


・ラノベのセリフを言っているところを誰かに見られる(18巻121ページより)

・ノーコンテニューでガンシューティングゲームをクリアする(17巻35ページより)

・愛歌さんの写真を手に夜空を見上げる(20巻4コマより)

・ジョージアのMAXコーヒーを三本一気に飲みほす(21巻19ページより)


以上の四つです。

他にもいろいろ案があったのですが。

例えば、「眼鏡の反射光で領収書を燃やしてみる」とか。
しかし、失明の危険性と物理的に不可能なので、却下。

また、「アニメイトの18禁コーナーでバイトしてみる」とか。
でも、社会的にアウトなので却下。

あとは、「メイドになる」とか。
………考えた瞬間、自分を思いっきりぶん殴りました。

という訳で、千桜の気分になりきって、早速実践してみました。


1、ラノベのセリフを言っているところを誰かに見られる。


段取りとしては、
2階から1階のリビングにいる弟を呼ぶ→弟がわたくしの部屋に入る→そこで小学校の頃、学芸会で主役を演じたわたくしの演技力で役になりきり、セリフを言う→弟の反応を見る

てな感じです。

ちなみににセリフは、あの時千桜が愛歌さんに聞かれたセリフと全く同じです。

それではスタートです。

「おーい、〇〇〇(弟の名前)
ちょっと来てー」

「なにー?」

タンタンタンタン。

階段を上ってくる音が聞こえます。
そして、その音は次第に近づいてきます。
そして…………

トントン。
ガチャ。

「お兄ちゃん。何の用?」

「ぬしさま。
わっちを北まで連れていってくれる約束じゃったが…」

「………………………………」

「これ以上わっちを…見ないでくりゃれ?」

「………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………」


パタン


ドアを閉められた!!

恥ずかしい思いをしながら読み上げたセリフ。
少し戸惑いながらも、冷たい目線で兄を見つめる我が弟。
あの時間はどれほど長く感じたことか。
そして結果は、愛歌さんと全く同じ行動に出る。

<結論>
ラノベのセリフを言っているところを誰かに見られると、見た人はとりあえずその場から立ち去り、見なかったことにする。

兄としての威厳が下がった気がします…………


2、ノーコンテニューでガンシューティングゲームをクリアする


舞台は駅前のゲームセンター。
ナムコさんのガンシューティングゲームの前に立つ一人の男がいた。
その名はけんむろ。
その男は、頂点をかけたこの戦いに今、挑戦する!!

その男は財布から100円玉を取り出し、機械に投入しようとする。
しかし、100円玉がなく、両替をするために一旦その場を離れる。

一分後、彼は再び戻ってきた!!
片手に100円玉5枚を握りしめて!!

そして、100円玉を機械に投入して、一人専用プレーを選んだ。
それから、男は自らの命をかけて、悪の手と戦った。

数分後、画面にはでかでかとこんな文字が


「CONTINUE?」


全3面中、第1面の第2部で力尽きた…………
俺の戦いは終わった…………………




という訳で、全体の9分の2をいったところで、ゲームオーバーになりました。

その後、4回挑戦しましたが、どうしても第1面の第2部のボスが倒せず、結局ノーコンテニューでクリアなりませんでした。
クリアにかすりもしませんでしたね(汗

千桜、あんたはすごいよ。

<結論>
ノーコンテニューでガンシューティングゲームをクリアできるのは、相当のゲーマーである。
素人がやると、出費が甚だしい。
ストレス発散のためなのに、逆にストレスが溜まることになる。
気をつけよう。


3、愛歌さんの写真を手に夜空を見上げる


これは一番簡単。
写真はないので、愛歌さんのイラストを持ち、ベランダで夜空を見るだけ。

という訳で、早速ベランダに出て、夜空を見上げます。
虫の鳴き声が聴こえてきます。
あぁ、仙台の星空もまだまだ捨てたもんじゃないな~

おっと、いけない。
千桜の気持ちにならなければ。

みんな海外旅行に行っちゃって、私だけ一人ぼっち。
淋しいな。
愛歌さん……………


…………………あれ?
俺は一体何をやっているんだ?

二次元のキャラクターを見つめながら、男子高校生が一人でベランダでぼーっとしている。
よく考えたら、これってもしかして「変態」?

あれ?あれ?

<結論>
仙台で、キャラクターのイラストを持ちながら、夜空を見上げていた坊主頭の男子高校生を見た方がいらっしゃるかもしれません。
一応断っておきますが、その男の子は狂ってもいませんし、変態でもありません。
だからお願いですから、通報はしないでください。


一番簡単だと思ったのに、一番複雑だったな……………


4、ジョージアのMAXコーヒーを三本一気に飲みほす



360円を片手に自動販売機まで、てくてくおつかい。

チャリン、ポチッ、ガシャン。
チャリン、ポチッ、ガシャン。
チャリン、ポチッ、ガシャン。

しっかりと三本買って帰宅。

さぁ、いよいよ本番だ!
しかし、いざ飲もうとすると、MAXコーヒー三本を目の前にひるむけんむろ。

一本250グラムと、缶コーヒーにしては少し多いんですね。
三本で750グラムか…………
そんなことを考えながら、この企画を少し後悔していました。

そして覚悟を決めました。

けんむろVSジョージアMAXコーヒー

レディー……………
ファイト!!

カシャ。
ゴクッゴクッゴクッゴクッ。

一本目はけっこう美味しくいただけました。
なんだ案外余裕か、と思った矢先の二本目の開始直後。(早っ!)
けんむろに少し異変が生じます。

MAXコーヒーの練乳の甘さがクリティカルヒットします。
原材料を見てみると、一番多いのが加糖練乳、二番目が砂糖でした。
そりゃ甘い訳だ。

それでも千桜は飲んだんだと自分を奮いたたせて、二本目を飲み干します。

少し気分が優れない状態のところに三本目が襲いかかります。
口元では、もうウプッと言っています。

しかし、意を決してプルタブを開け、コーヒーを口に入れます!!

げほっげほっげほっげほっ。

むせました。

すでにけんむろの体力は0に等しい。
でも、飲まないと………
自分から生み出したこの企画のために!

そして、ついに…………ついに、MAXコーヒー三本、750グラムを飲みきりました。
やった!
やったぞ!!けんむろ!!
この写真の通りです。






(一応21巻19ページと同じ向きです)

ついにこの企画をせいこ…………

しかし、最後の最後にMAXコーヒーは粘りを見せていました。
三本目の最後に、練乳の甘さがトドメを刺しました。

飲み干した瞬間、

バタン

倒れこみ、

(気持ち悪っ…………)

その後、激しい頭痛と腹痛に襲われ、もがき苦しみ、しばらく起き上がることができませんでした。

カンカンカーン
ダウン!

けんむろVSMAXコーヒー

WINNERMAXコーヒー!!

<結論>
ジョージアMAXコーヒーを一気に三本飲むのは、現実世界では、よほど甘いもの好きの方以外体調を悪くする。
(株)コカコーラさんは恐ろしいものを商品化した。
度胸と360円がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか?
なお、医師の指示に従い正しく行ってください。
また、この企画に対するご意見・ご質問・ご批判は一切受け付けておりませんし、実行していかなることが起こっても、けんむろは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。


という訳で全ての企画が終了しましたが、お楽しみいただけたでしょうか。
徹夜して書いた部分もあり、本文中に変なテンションのところもありますが、目をつぶってください。


春風千桜。

何回も言うように、わたくしはこのキャラクターに出会えて本当に良かったです。
このキャラクターがいなければ、このブログの存在自体がなかった。
そう思います。

千桜が好き、ハヤテのごとく!が好き、そうしてブログを始めました。
ブログを始めて、たくさんのブログを見たし、たくさんの方々と出会い、たくさんの方々が遊びに来てくれ、たくさんたくさんお話したり交流したりしました。

全てはこのキャラクターがいたおかげです。
このキャラクターがいなければ、この大切な経験、思い出はできなかったと思います。

また、千桜はわたくしの沈んだ心、疲れた心を簡単にすぐに、それこそ疾風のごとく元気にさせてくれます。
普段の生活でいやなことや辛いことがあっても、千桜と接すると、いやなことが吹っ飛び、明日も頑張ろうという気持ちになります。

もし千桜がいなかったら、気が病んでいたかもしれないし、辛くて辛くて部活や勉強から逃げ出していたかもしれません。

もし千桜がいなかったら………………そう考えると、自分の人生ががらりと変わると思います。
もちろん、今より良い人生を送れたかもしれないし、悪い人生を送ったかもしれません。
でも、わたくしは千桜と出会ったことを後悔したことはありません。
むしろ、自分はついている。
そう思って、神様に感謝しています。

感謝すべき人がもう一人。
千桜の生みの親の畑健二郎先生です。
先生のおかげで、この世に千桜が誕生したし、先生が千桜を描くたびに自分の生活が変わってきます。
畑健二郎先生、本当にありがとうございます。
これからもたくさん千桜を描いてくださいね。

長々と話してきましたが、千桜がわたくしに与える影響力、ご理解いただけたでしょうか。
千桜には感謝しきれないほどのありがとうでいっぱいです。
普段お世話になっている恩返しとして、誕生日にこういう企画をやりましたが、これを見て千桜を好きになる人がまた一人増えるということがあれば、千桜も喜ぶと思います。


やっぱりわたくしは春風千桜が大好きですね☆


8月30日はまだ続きます。
最後まで千桜の誕生日をお祝いしましょう!

それでは失礼致します。
スポンサーサイト



  1. 2010/08/30(月) 22:22:22|
  2. ハヤテのごとく!の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第286話「やつは大事なものを盗んでいきましたとさ」 | ホーム | 春風千桜誕生日記念企画~その1~「第八回けんむろ的好きなキャラクターランキング〈8月編〉」>>

コメント

これはお祝い記事ですよね(笑)?

 こんばんは。ついにきましたね千桜さんの誕生日。けんむろさんなら盛大にお祝いしてくれると思ってましたよ。

 前のランキングも含めて楽しく読ませていただきました。合わせてコメントする形になることをお許しください。ランキング、すごくよかったです。愛が伝わってきました。みんなが誰からも愛されるキャラのファンになれたのはお幸せですね。どうか一生大切にしてあげてください。そして気になったのが全員女性。

 この記事についてですが、タイトルにもあるようにすべてけんむろさんが実行後にヘトヘトになられているところを見ると罰ゲームに見えたのですが…(笑)。学芸会の主役パワーは家族全員でなく弟さんのみで安心しました。ところでゲームセンターって東口の近くにヨドバシとかマックのあるところでしょうか?僕がちゃぶ台ひっくり返したのもそこです。コーヒーは本当にお疲れ様です。飲み干したんなら十分勝者ですよ。勝負に勝って試合に負けたというところでしょうか。全部楽しかったです。

 そして最後の結びはすごくいいお話でした。そんな風に向き合っていければ嬉しいですよね。この世には千桜さんに出会えたけんむろさんしかいないんですからどうか大事にしてくださいね。
 おめでとうございました。それでは。
  1. 2010/08/31(火) 21:02:13 |
  2. URL |
  3. 越花たすく #pDrIbPk6
  4. [ 編集 ]

Re.これはお祝いの記事ですよね(笑)?

>>越花たすくさん

コメントありがとうございます。
そして、コメ返しが遅れて申し訳ございませんでしたm(__)m

春風千桜誕生日記念企画の記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

キャラクターランキングもまさかこんなに続くとは、最初の方は思ってもいませんでした。
まぁ、一位はなんとなく皆さんに分かられているとは思うのですが…………
全員女性?
あぁ、本当だ。
全く意識していませんでした。
前述したように、アニメを見るの大部分の理由は癒しを求めるためなので、男性キャラクターがランクインするためには、それこそとても面白いキャラをしているとか、すごくカッコ良くて憧れるなど、そういう理由がある場合ですね。
今月は、特にそういう男性キャラクターが見つからなかったので、女性オンリーのランキングになったのではないかと思われます。

罰ゲームですか………
たしかにそうかもしれませんね(笑)
やっていて、身体的にも精神的にも辛かったですもん。

そうですね。
あの演技を親に見せたら、見ないでくりゃれどころか、見放されますよ。

あ、はい。
多分、たすくさんがおっしゃっているゲーセンだと思います。
あそこのちゃぶ台返しは気持ちいいですよね。

当分、コーヒーは飲まない。
そう心の中で強く誓いました。

楽しんでいただけましたか。
良かったです。
わたくしも体をはった甲斐がありました。

最後の文は、自分の千桜への思いを書くいい機会だと思って、正直に書きました。
自分にとって千桜はどんな存在なのかを一生懸命考え、必死に文章化しました。
わたくしの千桜の思い入れが少しでも、皆さんに伝われば幸いです。

たすくさんのところでも、千桜でなぞかけをされてましたよね。
しっかりと拝見しましたよ。
どれも、上手いな~と感じるものばかりでした。
また、機会があったらなぞかけ作ってください。
楽しみにしています。

それでは失礼致します。
  1. 2010/09/03(金) 23:05:53 |
  2. URL |
  3. けんむろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenbaseball.blog84.fc2.com/tb.php/210-3541738d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)